注文住宅

こんなデメリットがあったのか。北向き、南向き、土地の向きによる日当たり等のメリット、デメリットを紹介!

土地 向き 日当たり

 

注文住宅を建てるための土地の購入or建売住宅の購入を検討しているけど、この土地に家を建てた場合に、南向き、東向き、北向き、西向き、など、方角によってどんなメリットやデメリットがあるのか?日当たりは大丈夫か?など色々知りたい。

 

こういった疑問に答えます。

 

こちらの記事は下記の2本立てになっています。

 
  1. こんなデメリットがあったのか。北向き、南向き、土地の向きによる日当たり等のメリット、デメリットを紹介!←本記事はこちら
  2. こんなデメリットがあったのか。東向き、西向き、土地の向きによる日当たり等のメリット、デメリットを紹介!

 

本記事の内容。

 

基本的な情報として、
太陽は東から登り、南を通り、西に沈みます。
なので、朝日は東から入りますし、
日中の太陽光は南から入り、
午後以降は西からも徐々に日が入ります。

 

夏は太陽の位置高いので、太陽光を取り入れやすく、
冬は太陽の位置が低いので、太陽光を取り込みにくい。

 

また基本的に、

 

  • 太陽光が入るか入らないか。
  • 寒いか暑いか。

これは別々で考えて下さい。
太陽光が入るか入らないかとは別で、
暑さ、寒さは、断熱性能を上げてやれば、それなりに解決出来るので。
以上は最低限の情報として頭に入れておいて下さい('ω')ノ

 

 

1.北向き道路に面した家のメリット、デメリットは?

 

北向き メリット デメリット

 

北向き道路に面した家のメリット

 

北向き道路 メリット デメリット

 

北向き道路に面した家のメリットはこちら。

 

 
  1. 価格が安めである。
  2. 居室や庭を南向きに作れば道路から居室が丸見えにならないので、プライバシーを確保しやすい。
  3. 西側に他の人の家がある場合、西日を回避できる。
  4. 日が当たりにくいので、夏場は日陰で涼しく快適な傾向があり、光熱費が抑えやすい。
  5. 部屋の中、暗め→外が明るい。なので眺望が綺麗に見える!

 

 

北向き道路に面した家のデメリット

 

次に、北向き道路に面した家のデメリットを紹介していきます。

 

 
  1. 日照が限定的で、1日中通して暗くなりがちなので、建物の間取りなどのプランに工夫が必要。
    ※特に1階への太陽光の取入れが難しい。
    ※部屋が暗めになる事が多いので、照明を明るめの物にしたり、壁紙を白や床材を明るめの色にすると良い。
  2. 東、南、両方からの日照が確保しにくい。
    ※冬は特に厳しいが、南北に広めに(最低6~7m以上)庭などが取れるなら問題なし。
  3. 庭やベランダに日が当たりにくいので、布団や洗濯物が乾きにくい。
  4. 日が当たりにくいので、冬場は寒くなる傾向があり、光熱費が増えやすい。
    ※家の屋根や外壁が「黒」だと光を吸収しやすいので、寒さを抑えやすくなります。
  5. 日が当たりにくく、雨が降っても乾きにくいので
    湿気が溜まりやすい、カビなどが生えやすい、結露しやすい。
  6. 東側に他の人の家がある場合、朝日が取り込みにくい。

 

基本的に北側の道路に面した家は安いだけあって、
デメリットが多いのですが、
ざっくり言えば、夏場は南側に最低6~7m以上、
出来れば10m以上の大きな庭が取れるなら北側の土地でも、
ある程度の太陽光が確保できるので問題ありません。
10m確保できるなら、プライベートな庭も確保出来るし、
価格も安いので北向きの
方が良いかも知れません。
※冬場でも十分な採光を確保したいなら10m以上は欲しいです。
※南側に3階建て以上の高い建物が建っている場合を除く。

 

しかし逆に、
南側を広く取れないなら北側は絶対に避けた方が良いです。
日が当たらないので、湿気が籠る、カビが生えやすい、
結露しやすい、暗いなど...

 

南側にあまり庭などのスペースを取れないからと、
2階リビングにしたり、天窓や、吹き抜けにして、
大きい窓を設置する事で対応したり、
高気密高断熱にすれば、大丈夫かも?
と思うかもしれませんが、

 

南側に最低6~7m以上のスペースが取れない場合は、
多少の効果はあるかも知れませんが、
根本的には解決できませんので、
その土地は諦めた方が良いです。

 

上記右側の北側道路に面した家で、
南側に3~4mスペースを空けた場合でも、
まだ足りない事が分かると思います。

上記右側の写真のスペースの2倍ぐらい大きく広さを取れば、
北側道路に面していても大丈夫です。

 

北向き道路に面した家に住んでいる方の口コミ

 

北側道路に面した家に住まわれている方の、
参考になりそうな口コミです。

 

 

一般的には南道路が日当たりがいいと言われますが、
北道路で南北に長い土地で南側に5m程あけることができればそんなに暗くならないと思います。
また南側全てをリビングに使うことができプライバシーも確保できます。
うち北の土地なのですけど6mあけても冬場は11時過ぎたらちょうど窓にさしかかるくらいから暗くなります。
でも真っ暗じゃないですよ。南に比べたら暗いぐらいです。

夏場は日が高いので大丈夫です。
うちは、最近建てて住んで一か月くらいなんですけど、
全く日当たりに興味ない父親が間取りを考えたので、リビングが北東(吹き抜けも無し)なんですよね。
でも、普通に明るくて、クロスと床が白い(白系)だからなんだろうな、って実感してます。陽は直接当たらないけれど、爽やかに一日中明るいって感じです。

引用:ヤフー知恵袋より

 

北道路で東西南が住宅に囲まれています。
南側リビングで、南側はほぼ全面窓にしています。
リビング前が庭で、南側のお宅とは7mくらい離れています。

結果…
リビングの日当たりは午前中眩しい程に入ってきます。
そして午後13時すぎくらいからリビングにはあまり日は入らなくなり、
庭は眩しい程にあたってますね。
なので、そんなに日当たり悪いとは感じません!

1日中リビングは日が入るのが本当はベストでしょうが、
時間によっては日が当たらないお宅もあると思うし。
私は、気になりませんね。

ただ、北側玄関なんですが、日が当たらないためか、
家の中で唯一「結露」が発生しています。
玄関のドアが朝濡れています。

なので、ドアが痛むので、何年かしたら玄関ドアは変えないと
ダメかなぁとは思っています。

でも、南のお宅の高さや横幅屋根の角度などで条件は違って
くると思いますので、よくご検討くださいね!

引用:ヤフー知恵袋より

 

北側は底冷えがすごいですよ!本当になかなか家があたたまらないです。

引用:ヤフー知恵袋より

 

北道路で買える土地は、ある程度の面積があって、しかも奥行が長く、家をおもいっきり北側に引っ張って、南部分を相当広く空けられる土地です。プラシバシーに関しては、北側道路側からは守れますが、三方が住宅ならば、どうせ見られますよ。

引用:ヤフー知恵袋より

 

世間では圧倒的に南側が人気です。
土地も、南向きの方が高いですしね。

ちなみに我が家は、北玄関です。
北玄関にし、
北側に駐車場などを設けなければ何も
不便はないのかなと思いますね。
駐車場は、西側や東側にとるとか!

そうすれば、南側はプライベートガーデン!
お洗濯干すのもバーベキューするのも、
まったく人目を気にする必要なし。
リビング前はお庭なので、
殆んどカーテン全部開けっ放しです!
レースすらしてないです!
南側は全面LDKで窓大きくとれるし、日当たりいいし開放感
ありますよ!

正直、次家を建てるとしても北側を選ぶと思いますね。

引用:ヤフー知恵袋より

 

一番高いのは南道路に接する土地です。逆に北道路に接する土地は南に比べて10~20%程度安く値付けしてます。ほとんど人が南入りの土地を希望するので値段に差が出ます。 どうしても北入りの土地は前に南入りの土地の家が来るので日当たりが悪く、前に家が接近して建つという形になります。南入りの場合は道路を挟んで前の家なので解放感が違います。

ただ、家を建てること、間取りについては北入りはメリットも多いです。北入りの場合は玄関が北側なので南側にしっかり部屋を設けることができて、なおかつ廊下が少ない間取りとなるので、収納などのスペースが取りやすくなります。また、カーポートを設置する場合は北側なので設置で暗くなるということも無くなります。南入りの場合は、南にカーポートの設置で駐車スペース側が暗くなる傾向が出ます。
北入りで南を開けて家の配置をすれば大きな窓が道路側にないのでプライバシーの確保も容易です。隣家は別として不特定多数の人に覗かれるということはありません。
収納を増やしながらもLDKを広く確保できるので、間取り重視の方には北入りが良いかもしれません。

引用:ヤフー知恵袋より

 

高気密高断熱で建てるなら、北側道路の家でも気にする事ないと思います。
しかし、ガーデニングなど植物のある家にとっては、南側は必須ではないでしょうか。

引用:ヤフー知恵袋より

 

2.南向き道路に面した家のメリット、デメリットは?

南向き道路 家 メリット デメリット

 

南向き道路に面した家のメリット

 

南向き 家 メリット デメリット

 

 

南向き道路に面した家のメリットはこちら。

 

 
  • 日当たりが抜群で、1階、2階共に各部屋それぞれの光が取り込みやすい。
  • 庭やベランダに日が良く当たるので、布団や洗濯物がすぐに乾く。
  • 西側に他の人の家がある場合、西日を回避できる。
  • 日当たりが抜群=冬は寒くなりやすく、暖房代などの光熱費が抑えやすい。
    ※家の屋根や外壁が「黒」だと光を吸収しやすいので、さらに効果があります。

 

南向き道路に面した住宅のメリットは何と言っても、
抜群の日当たりの良さです。

 

南向き道路に面した家のデメリット

 

次に、南向き道路に面した家のデメリットを紹介していきます。

 

 
  • 価格が高め。
  • 南側に玄関が来るので、南北に長い土地だと、南向きの部屋の数や大きさが圧迫される。
  • 南側に面した部屋が道路の通行人から丸見えになる場合も。
    ※レースカーテンを閉めても、北側よりは遥かに明るいですが。
  • 日当たりが抜群=夏は暑くなりやすく、冷房代が増える事も。
    ※家の屋根や外壁が「白」だと光を吸収しにくいので、室内の温度上昇を抑えられます
    ※1階と2階の階段や吹き抜けの2階の窓などを開閉できるタイプにしておくと、
    熱がその窓から逃げるので、室内の温度上昇を抑えられます。
  • 直射日光で、窓際のフローリングが傷みやすい。
  • 東側に他の人の家がある場合、朝日が取り込みにくい。

 

南向き道路に面した住宅は大きなデメリットと言えば、
価格的に少し高めになっている事ぐらいで、
小さなデメリットは多いですが、

 

やはり人気がある土地だけに、
対処さえしておけば、
そこまで大きなデメリットとは言えないものが多いです。

 

そして、
土地をあまり広く取る事が出来ない(~55坪以下ぐらい)
場合は間違いなく、南向きにした方が良いです。

南側にスペースが取れない土地なのに、
北側の道路に面した土地などにすると、
日中の太陽光を取り入れるのが絶望的だからです。

 

逆に、土地が60坪以上あるような場合は、
南側に広い庭のスペースが確保出来るので、
特に南側に拘る必要はなく、
むしろ、値段的にも広めの北側の土地の方が、
条件が良い場合も多いです。

 

 

南向き道路に面した家に住んでいる方の口コミ

 

南側道路に面した家に住まわれている方の、
参考になりそうな口コミです。

 

南の土地を選んでそこに住んでいる現在の感想としては、
南でよかったと感じています。
冬場日中晴れている日は、朝の暖房がずっと効いていて西日になるまで暖房なしです。
昔の家とは違うので夏南だからといって冷房の効きがどうとかはありません。

プライベートが、という問題はそもそも外構デザインによる所が大きいと思います。
気になるなら敷地はあるのだから十分日照を気にせず目隠しができるはずですし。
結局、北しか買えない予算なら北で満足するしかなく、
プライベートガーデンになるとか通行人が気にならないとか、
何とかメリットを見出そうとするものです。
72坪もあれば北でも十分満足いく日照を得られるとは思いますが、
庭が欲しいなら南ですよ。
北だと前の家の裏が庭になるのですから、気を使わなければいけない事もあるし、
余程離れていなければバーベキューなんかも迷惑です。
南なら前は道路の場合が多く、気にする事はありませんね。

引用:ヤフー知恵袋より

 

南入りの日当たりが良すぎて、夏場に暑いという件は最近はLOW-E入りのコーティングガラスの採用も一般的になってきたので、サッシなどで調節が可能となってきてます。
個人的に南入りがおススメです。我が家も南入りを選択しました。

引用:ヤフー知恵袋より

 

球に位置する日本で家を建てるなら、やはり 南向きが一番だと思います。冬の室内の暖かさや雪解け、同じ洗濯をしても乾き具合が違いますし、何より どんなに立派な家でも 日中電気を付けなければならない室内って 気分も暗くなりそうで 私は絶対に嫌です。

 

南向きでは 夏が暑いのかなと思いますが、今の住宅は高断熱・高気密ですから 冬暖かく・夏は涼しく室温が保たれており、一年を通して 快適に過ごすことが出来ます。

うちは 区画では一番値段が高かったのですが、東南の角地に土地を買いました。東玄関にして 東側と南側に二面庭を作ることが出来たので 、全体的な見た目も木々に囲まれて立派に見えますし 庭の作り甲斐もあります。

南側が 季節で言えば 春・夏で、北側は冬と考えるとその違いが分かると思います。やはり家も大事ですが、それ以上に土地の方角はよく考えて選ぶべしですよ。自分で気候は変えれませんから。風水的にも 土地のパワーが大きいのは、日当たりの良い土地だそうです。

引用:ヤフー知恵袋より

 

日本で南向きが重要な理由は1つだけ。
土地が狭いから。
だから南向きにしないと日が当たらない。
土地が広ければスペースが無駄にならず、
プライベートガーデンが作れる北道路が断然いい。

引用:ヤフー知恵袋より

 

快適な明るさは直射日光に比例しません。

高気密高断熱住宅だからこそ陽が入る部屋が暖まる。

引用:ヤフー知恵袋より

 

まとめ

 

今回は、
「北側」「南側」に面した土地の、
メリット、デメリット、口コミなどをまとめました。

 

こちらの記事は下記の2本立てになっているので、

 

  • 東向き道路に面した家のメリット、デメリット
  • 西向き道路に面した家のメリット、デメリット

 

の情報を知りたい方は、
下記の「2」の記事を参考にして下さい(^^♪

 

 
  1. こんなデメリットがあったのか。北向き、南向き、土地の向きによる日当たり等のメリット、デメリットを紹介!
  2. こんなデメリットがあったのか。東向き、西向き、土地の向きによる日当たり等のメリット、デメリットを紹介!←次の記事はこちら

 

外構 業者 探し方
人気記事【体験談】外構業者の探し方で、絶対に失敗しない3つの方法【簡単です】

続きを見る

外構工事一括見積もり×9サイトを徹底比較!!
人気記事外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

続きを見る

 

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ
にほんブログ村

Follow me!

  • この記事を書いた人

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

© 2021 外構、リフォーム情報.com Powered by AFFINGER5