注文住宅

頭金&貯金なしでも、土地購入から注文住宅を建てたい人のための記事【マミブログ】

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

こんにちは。マミーです。

今日はタイトル通り、貯金や頭金が無くても注文住宅は建てれるの?
という疑問に、実際にその状況から建てた方法を紹介したいと思います。

手付金、契約金だけは最初に現金で必要!

これは始め私も全く知らなかったのですが、ハウスメーカーの方に頭金は無しでも家は買えるよ。と言われていたので、話しを進めて言ったのですが、

話しを進めて行く段階で、「土地の手付金として購入代金の一部とハウスメーカーの契約金の2つだけは現金で先に頂く事になります。」と言われ、最初は「???」でした。

そこでしっかり調べた所、
「手付金」とは土地を購入する事を決めた際に、
1.他の人に買われないようにするため。
2.購入者、売却者がキャンセルしないようにするため。
上記2点のために先に「必ず現金で」支払う事になるお金
です。

「契約金」とは建物を建ててもらうハウスメーカーや工務店などに
上記の手付金と同じ理由で支払うお金です。


なので、当然購入者がキャンセルした場合には、キャンセル料として手付金は没収されてしまいます。売却者側がキャンセルする場合は、手付金の2倍の額を購入者に支払う事になっている。という事でした。

手付金や契約金はいくら必要?相場は?

手付金の相場は購入価格の5~10%、契約金はハウスメーカーによってまちまちのようですが、30~50万あたりが相場と言われているようで、
例えば2000万の土地を購入しようとする場合、
相場としては最初に手付金として100~200万の現金が必要という事になります。
また、建築会社の方にも先に現金で契約金を払わなくてはいけません。

しかし、私のように急遽購入を決め、
頭金なしでフルローン購入しようとしている場合など、
そこまで現金を持っている方の方が少ないのでは?と思いますし、
実際私も20万ほどしか貯金がありませんでした。
また、ハウスメーカーの方もそこまで現金を持っている方は少ないと言ってました。

そのため当然、
土地購入代金1600万円の5%の80万円+建物の契約金の現金など用意出来ずに、
ハウスメーカー(ア○フルホーム、アッ○ュホームなど)複数のメーカーに相談した所、
土地の手付金10万で土地の売り主と交渉します。
私たちの方の建物の方の契約金も10万円で大丈夫です」
と複数のハウスメーカーさんが対応してくれました。


唯一、クラシ○ホームの担当者だけは、
どうしても土地の手付金100万と契約金で30~50万は用意して貰わないと。
といった感じでした。
(実際には手付金の減額交渉などは出来るようですが、クラシ〇ホームの担当者が他の多く方の担当をしているので、そこまで対応しきれないといった感じ)

そこで調べたのですが、
人気のある土地や建物を購入する場合や、大手のハウスメーカーでは、
手付金が少ないと、途中まで話しを進めてきてキャンセルされた場合の損失のリスクを減らすために、手付金が最低5%ないと受け付けない場合があるようです。

なので、 結局は土地の持ち主やハウスメーカーや工務店次第ですが、
私の場合、クラシ○ホーム以外の3~4社は手付金が10万でも対応してくれるとおっしゃってくれていたのでそこまで心配しなくても、担当者の方に相談すれば対応して貰える可能性が高いと思います。


また私の場合は手付金10万、契約金10万にしてもらいましたが、過去には手付金5万、契約金5万ぐらいの方もいたようなので、
手持ちの現金が少なくても交渉してみるべきです。

手付金を住宅ローンと一緒に借りてそれで支払う事は出来るか?

これですが、最初に結論を言うと出来ません。

土地と建物の住宅ローンを組んでそのお金が銀行から下りてくるのは遅いです。
それより先に、
手付金や契約金が必要になるため、現金で先に用意する必要があります。

 

貯金がない(少ない)場合に手付金を用意する方法は?

1.親、兄弟など親族から一時的に借りる。

これが1番確率が高いと思います。
私は、1番貯金してそうな姉にお金を借りれないか相談した所、
50万までならいいよ。と言ってくれました。
結果的に、手付金と契約金10万ずつで交渉して、
自分の貯金だけで足りたので借りる事はなかったですが。

2.金融機関やクレジットカードのキャッシングを使う。

これですが、最悪これを使う場合は、
ハウスメーカーの人に相談してからにして下さい。
基本的に住宅ローンを組む際は、他の借り入れが多ければ多い程、
借りられる金額が減額されます。
最悪、住宅ローンが通らない。という事もあるようなので、
ハウスメーカーの担当者に話せば、銀行の融資担当などに連絡を取って大丈夫かどうか確認取ってくれたりするので、勝手に借りるのはやめた方がいいです。

3.ブランド物などを質屋やメルカリなどで売却する。

これは、高く売れそうな物を持っている場合に限ります。
最悪、手付金5万、契約金5万でも交渉すれば大丈夫な場合があるようなので、
そのぐらい売るものがある人なら出来る方法です。

手付金はいつ返って来る?

これは、上記の親族にお金を借りる場合などにも、
「いつ返せるの?」と聞かれる事があると思いますが、

結論から言うと、
土地の手付金は、土地の売り主に支払ってから1~2か月前後ハウスメーカーや工務店に支払う契約金はそこからさらに3~4ヵ月後という事が多いようです。

土地から購入する場合は、
1.土地購入と住宅の購入で同じ銀行で住宅ローンを2つ通す。
2.1つの住宅ローンで、つなぎ融資(土地を先に購入するため、土地の代金を先に支払わなくていけなくなるため、土地代だけ先に融資してもらう)

のいずれかの方法で住宅ローンを組む事になります。

私の場合、9月に土地の購入の住宅ローンを先に通し、
翌年2月に建物代の住宅ローンを通しました。
この場合、9月に土地代1600万の手付金として10万円、
ハウスメーカー側の建物の契約金として10万円を先に現金で払っています 。

そして、土地の住宅ローンの1600万円が、1か月後10月に口座に振り込まれました。
先に土地の手付金として10万円払っているので、残り1590万円を土地の売り主に振り込むと、先に払った土地の手付金10万円は口座に残ります。

その後、注文住宅の間取りや、内装、設備、色など決めていき、
建物にかかる費用が2400万円と確定した時点で、
もう1つの住宅ローンを翌年2月に通しました。

その住宅ローンの費用が3月に下りてきて、
先にハウスメーカーの契約金として10万円現金で払っているので残り2390万円。
私の口座には2400万振り込まれるので、ハウスメーカーに2390万円払って、
10万円の契約金が返ってきます。

まとめると、
土地の手付金、建物の契約金を払う→1~2か月後に土地の手付金が返って来る→さらに3~4か月後に建物の契約金が返って来る。といった流れです。

 

まとめ

私のように、頭金なし、貯金もほとんど無いような状態でも、
色々な事情があって、注文住宅を建てたい人がいた場合に、
こんな状況でも注文住宅が建てられるという事が分かって参考になれば幸いです。

 

この記事と一緒によく読まれている記事

 

 

引越しがネット予約できるようになりました
日にちを選んで料金もらくらく比較!
引越し侍の予約サービス

Follow me!

  • この記事を書いた人

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

© 2021 mamiblog Powered by AFFINGER5