注文住宅

私が後悔した、初めて注文住宅を建てる際に最初にやってはいけない事!【マミブログ】

 
こんにちは!自称日本一ポジティブな男!

マミーです(^ ^)

今回は注文住宅を建てた経験から、

【土地探し→注文住宅を建てる際に、最初にやってはいけない事】

そして、じゃあ逆に何から始めたらいいのか?

というのを解説したいと思います。

 

1.【土地探し】は最初にやってはいけない。


土地探しは最初にやってはいけません。
ましてや、先に土地を購入してから、
建築会社やハウスメーカーに行くのは最悪です。
※最初から土地を持っている方は、その土地に建てられるように建物の方を合わせるしかないので問題ありません。
 

最初になぜ土地を探してはいけないかというと、

  • 自分の年収でいくら住宅ローンが借りられるのか?
  • その予算でどのぐらいの広さの家が建てられるのか?
  • どんな感じの家が建てたいのか?
  • どんな間取りの家を建てたいのか?

など、

何を決まってない段階で土地を探しても、
実際どの程度の大きさの家を建てる事になるか?

どのぐらいの大きさの土地を探せばいいか?

またどのぐらいの金額まで土地に予算を使えるのか?

など分からない事が多すぎるので、
その状態で土地を探しても、

  • 目星をつけていた土地には、家を建てるのに細かい条件があって、自分の理想の家が建てられなかった。
  • 理想の建物が決まり、建築会社、ハウスメーカーに見積もりを出してもらったら、
    建物の金額が高く、結局、自分の目星をつけてあった土地が完全に予算オーバーになった。

など、

土地を購入してからでは、後でその土地に自分の理想の家が建てられなくなった場合に、

理想の建物を縮小したり、変更したりしなくてはいけなくなるのと、

購入してなくても、そこまで土地を探したり、
見に行ったりする日数や時間が無駄になります。

ただでさえ土地探しから注文住宅を建てていくのには時間がかかるので、

色んな土地をネットで探し、見に行ったりするなど、

自分の予算で建てられる大きさも決まっていないと、
土地の広さを絞って検索する事も出来ませんので、めちゃくちゃ効率が悪いです。

土地を探しに行くベストのタイミングはまた別の記事で細かく説明しますが、

ざっくり言うと、【建物を建てるハウスメーカー、工務店が決まってから】
がベストタイミングです。
※記事を作成したらこちらにリンクを貼ります。

ただし、
本格的に土地を探すのは後でいいですが、
ざっくりとでいいので、
チラシやインターネットで調べて、

【~町はこの辺りで、このぐらいの広さの土地でこのぐらいの金額なんだ~】

という程度は把握しておくと、後で、どの辺りの地区に住みたいか決める時に役に立ちます。

 

2.【とりあえずモデルハウスに行く】は最初にやってはいけない。

 

最初にモデルハウスに行ってはいけない理由は、

  • どんな建物が自分の好みか?
  • どんなハウスメーカーや工務店があって、どれぐらいの金額で建てられるのか?など、良く分からない状態でモデルハウスに行くと、営業をかけられてよく分からない内に営業の人のペースになってしまう。

    またどういう所を見たらいいのか?なども分からず、見に行ったけど、
    結局あまり良く覚えていない。という事になります。
    モデルハウスを回るのもタイミングがあります。最初に行くべきではありません。

    モデルハウスを見に行くベストのタイミングはまた別の記事で細かく説明しますが、

    ざっくり言うと、【建物を建てるハウスメーカー、工務店を複数候補に絞ってから】
    がベストタイミングです。
    ※記事を作成したらこちらにリンクを貼ります。

3.じゃあ注文住宅を建てる際に、まず必ず最初にやるべき事とは?


【さまざまな媒体でまずは情報収集をして自分(達)の好みの外観や自分の好みの建物の傾向を知り、
自分(達)がどのような家に住みた
いのかを理解すること】
これが最も初めに行うべき事です。

まずは自分がモダン?洋風?和風?など、
どんな外観が好きなのか分からないと思うので、

住宅情報雑誌やネットでジャンルを限定せず、
さまざまな外観や工法を見て自分の好みを見つけましょう。

オススメは【Pinterest(ピンタレスト)】というアプリです。
ジャンル問わず、色々な家の外部や内部が見れるのでおすすめです。

無料なのでインストールしましょう。
(
アップルストアやGoogleプレイ)

また近くの住宅街を散策してみるのもおすすめです。

現実的にこんな感じの家がいいな。という目安のジャンルも見つけられる可能性があります。

ついでに実際の生活感のある外観、外構も含めて見られる事、経年劣化が分かることもあります。




まとめ

この段階では、

【外観は洋風のこんな感じの家で、建物の中はこんな感じの家がいいな。】という所まで決めて下さい。

上記まで決めたら次は何するの?という今回の続きの記事は下記です↓↓↓

 

Follow me!

  • この記事を書いた人

akihito

ブロガー【経歴】高卒▶︎エンタメ業界で管理職を経験▶︎医者を目指すも4年で挫折▶︎注文住宅を建築▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます▶︎さらに収益を増やし、脱サラ、独立し自由に生きることを目指し活動中! ■注文住宅、リフォーム関連など住宅に関わる内容や、生活に役立つライフハック系の記事も書いていく予定です。 ●趣味は読書(年間100〜150冊)、映画観賞(年間100〜150本)、カラオケ(DAMの精密採点で平均93〜95点)、海外旅行、ボーリング(アベレージ180)、ブログ&アフィリエイト、リフォーム、注文住宅、不動産関係の情報収集など

© 2021 mamiblog Powered by AFFINGER5