外構で知っておくこと

外構の見積もりに関する15の疑問を徹底解説【相見積もりの仕方、外構業者の選び方など】

外構の見積もりに関する15の疑問を徹底解説【相見積もりの仕方、外構業者の選び方など】

 

外構工事の見積もりをしていると次々と分からないことが出てくるな…。誰かまとめて詳しく解説してくれないかな?

 

こういった疑問に答えます。

 

結論から言っておくと、この記事で解決できることは下記です。


 

この記事で分かること

  1.  外構の見積もりの適正価格をシミュレーションする方法
  2. 外構の見積もりを依頼する外構業者を見つける方法
  3. 外構の見積もりをする際の注意点や外構業者の選び方
  4. 外構工事の見積もりを依頼するベストのタイミング
  5. 外構工事の見積もりを安くする方法やアイデア20選!
  6. 外構業者の見積もりにかかる期間
・外構工事の見積もりが遅い場合の対処法
  7. ホームセンターの新築・リフォーム外構工事の見積もり依頼ってどうなの?
  8. 他の人がどんな外構でどんな見積もりをもらっているのか?
  9. 外構の見積もり金額を抑えるために最低限やるべき5つの場所
  10. 外構の見積もりの値引き交渉の方法
  11. 外構の見積もりに必要なものは?
  12. 外構の見積もりの「諸経費」とは?
  13. 外構の相見積もりをした場合の良い断り方は?
  14. ハウスメーカー経由で外構業者に見積もりを依頼すると3割高いって本当?
  15. 外構の相見積もりする場合は、他社にデザインや見積もりを見せてもいいのか?

 

新築外構、リフォームをしようとすると「見積もりを取る前」「見積もり依頼中」「見積もりをもらった後」など様々な疑問や不安なことが浮かんできて大変ですよね。

 

そこで、この記事ではそういった場合に生じる上記のような15の疑問に徹底的に解答しています。

 

私はこれらの方法を使って、自分の外構工事の適正価格を把握したり、費用を60万円削減したので、記事を読み終えると、あなたが今外構工事のことで抱えている悩みをすぐに解決するためのヒントが得られると思います。

 

自己紹介 エクステリアプランナー

 

 

 

管理人:間宮
上記の目次から「あなたが今知りたい内容や悩んでいること」の部分だけをクリックして記事を読むと効率的です。知りたいことが多い方は最初からお読み下さい。必ず参考になると思います。

 

1.外構の見積もりの適正価格を知りたいならシミュレーションor相見積もり。

外構の見積もりの適正価格を知りたいならシミュレーションor相見積もり。

 

外構の見積もりをもらったけど、これが高いのか?安いのか?分からないな〜。高かったら嫌だな..。適正価格や相場ってどれくらいなんだろう?

 

上記の解決方法は2つあります。

 

 

順番に解説していきます。

 

1-1.相場、適正価格をシミュレーションできる外構サイトを利用する。

相場、適正価格をシミュレーションできる外構サイトを利用する。

 

外構工事の相場、適正価格をシミュレーションするのは、主に「エクスショップ」というエクステリア商品販売最大手の会社のサイトを利用します。

 

エクスショップは無料で使えて「フェンス」や「ウッドデッキ」など、1万点以上のエクステリア商品から「商品」「カラー」「サイズ」などを選ぶと、

 

「実際にあなたの家に取り付ける場合に工事費込みでいくらかかるのか?」といった相場の金額が表示されるのでかなり便利です。

 

 

>>エクスショップで相場、適正価格をシミュレーションする

 

管理人:間宮
エクスショップを使って相場や適正価格をシミュレーションする方法は、下記の記事で画像付きで詳しく解説しています。

 

無料で外構工事の適正価格、相場が分かるシミュレーション

>>【簡単】外構見積もりシミュレーションを使わず費用を正確に知る方法【料金フリー】

 

1-2.地元の外構業者を何社か探して相見積もり(比較)をする。

地元の外構業者を何社か探して相見積もり(比較)をする。

 

見積もりもらったけど妥当かな?高くないかな?と思うのは基本的に何社かの見積もりを比較してないから分からないだけです。

 

ネットで見積もり画像を掲載して「これは相場と比べて安いでしょうか?」と質問してる人がいますが、

 

施工面積が狭ければ高くなったり、「都会は高めで、田舎は安い」など住んでいる場所によってけっこう相場が違います。

 

また「ウッドデッキ一式」と書かれてても、ウッドデッキの種類が違えば価格も違うし、「㎡」などの大きさやサイズが書いていなく「一式」と書いてある見積もりでは判断できません。

 

なので、最終的に本当に相場通りなのか?適正価格なのか?安心、納得して外構工事を依頼したいならあなたの地元の外構業者を3社ほど探して相見積もりするしかないです。

 

管理人:間宮
また、相見積もりは相場が分かるだけでなく、より外構費用が安くなったり、信頼できる業者が見つかったり、各業者それぞれからデザインパースやアイデアをもらえたりするメリットも大きいです。

 


地域によって、資材費、人件費等全て違います。一概に高いだの安いだの、平均いくらだの言う事は愚問です。そこに生コン代はいくらだの回答するのも意味不明です。生コンの単価ですら都道府県で違いがあります。

引用:ヤフー知恵袋より

資材の入手金額と工賃はその外構屋ごとに違います。そして外構屋によって最も異なるのが工賃です。

私は2社に見積もりを取って、ほぼ同じ物の仕様となる見積りで40万の価格差でした。この価格差の最も大きい部分が施工工賃です。なので複数で見積もりを取ってみないと何とも言えません。

引用:ヤフー知恵袋より

 

管理人:間宮
次は私が約60万円外構費用を安くすることができた外構業者の探し方を紹介していきます。

 

2.外構の見積もりを依頼する外構業者を見つける方法【新築外構、外構リフォーム】

外構の見積もりを依頼する外構業者を見つける方法

 

外構業者を見つける方法は大きく2つあります。

 

外構業者を見つける方法

  1. 自分で外構業者を探す。
  2. 無料で使える外構一括見積もりサービスから紹介してもらう。

 

順番に紹介していきますね。

 

2-1.自分で外構業者を探す。

自分で外構業者を探す。

 

自分で外構工事業者を探す場合

  • インターネットで地元の会社を検索してホームページで施工事例などが自分のイメージに合うかチェックして良さそうなところに依頼する。
  • 家族や友人に実際に外構工事をした人がいて、その人の外構が自分のイメージと近いなら、その外構業者の名前を教えてもらって見積もり依頼する。

 

上記は一例ですが、こういった外構工事業者を一から探すあらゆる方法は下記の記事で詳しく紹介しています。

 

 

ポイント

見積りを出すためには打ち合わせと現地確認を合わせると最低2〜3週間はかかるので、基本的に見積もりは3社ぐらいを同時に取ることをおすすめします。

1社ずつ見積もり依頼をしていると、3社目に見積もりをもらった時点で2ヶ月後とかになってしまい、最初に見積もりをもらった会社のやる気が無くなったり、見積もり期限が過ぎて再度見積もりのやり直しなどにもなるので。

 

2-2.無料で使える外構一括見積もりサービスから紹介してもらう。

無料で使える外構一括見積もりサービスから紹介してもらう。

 

外構の一括見積もりサービスは、外構の会社を審査基準に沿って審査し、それに合格した外構会社だけを複数紹介してくれるサービスです。

 

審査基準は各会社によって若干違いますが、概ね下記のような感じです。

 

審査基準の一部

  • 建築業許可を有している。
  • 過去2年以上サービス提供実績がある。
  • 過去2年間、法律違反の記録がない。
  • 直近2期分の決算書を提出すること
  • 債務超過でないことの証明書類の提出

 

自分で外構業者を探すと全体的に信頼できそうにない業者が多いですが、外構一括見積もりサービスからの紹介だと、上記のように審査で選別してるのでしっかりした業者が多かったですね。

 

管理人:間宮
私の場合、紹介された会社を比較して164万円▶︎102万円まで費用を削減できたので下手に時間を掛けて自分で探すよりおすすめ。ちゃんと相見積もりすれば、あなた外構の相場も必ず分かるし費用も安くできます。

 

住宅営業さんから直接専門業者さんに依頼した方が同じ工事でも安くできるとアドバイスをいただき自分で探しました。でも、自分で探すのって結構苦労するんですよね。(私はそうでした。)

なので、ネットで見つけた外構業者探しの手伝いをしてくれるサイトを使って見たのですが、安かったし、私にとっては内容が良く私はそこの外構業者に決めました。

業者探しは少し手間ですが、そこをめんどくさがると何十万と損する事もあるので、色々な方法で探してみると、後々、後悔しないと思いますよ。

引用:ヤフー知恵袋より

 

管理人:間宮
私が利用した外構一括見積もりサービスで良かったところを3つ紹介します。どれも利用は無料なので、どれでも気になったところを利用すると良いです。

 

おすすめのサービス

  1. タウンライフリフォーム・・・利用者数113万人、加盟業者数470〜500社
    
▶︎リフォーム会社が一括見積もり比較サイトに登録するための審査基準が厳しいため、加盟業者数は少ないが業者の質が高い。また加盟業者▶︎タウンライフへの手数料も工事金額に関係なく8000円と最安値。私が紹介された2社とも見積もり金額が安く、提案のレベルも高かった。ある程度人口のいる地域に住んでいるならここが一番おすすめ。
    
>>【実際の見積もり公開】タウンライフリフォームのリアルな評判、口コミは?

  2. リショップナビ・・・利用者数25万人、加盟業者数1500〜1600社
    
▶︎登録しているリフォーム業者の数が一番多いので、人口の少ない地域でも2〜3社紹介してもらいやすい。カスタマーサービスもかなり充実しており、専任スタッフに何でも相談可。
    
>>リショップナビの評判・口コミ〜メリット、デメリットまで解説!

  3. ガーデンプラス・・・利用者数4万人、加盟業者数811社。
    
▶︎上の2つのサービスは複数の外構業者を紹介してくれるサービスですが、こちらは紹介ではなく、全国に811支店あるガーデンプラスの提携支店の中から、あなたの地域の支店が見積もりや工事に対応。私が10社以上見積もりした中で2番目に安い見積もりを提示してくれた会社がガーデンプラスでした。対応やデザインもかなり良かった。

    >>【見積もり公開】ガーデンプラスの外構工事の評判、口コミは?
    



 

管理人:間宮
外構一括見積もりサービスの特徴やメリットデメリットなどもっと詳しく知りたい方は下記でかなり詳しく解説しています。

 

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

注意ポイント

無料の外構業者紹介サービスを使うと、審査済みの業者を2〜3社ぐらい紹介してくれるので便利ですが「比較的リーズナブル&ある程度おしゃれなデザイン」という外構業者が多いです。

なので「外構費用は高くても良いからとにかくおしゃれなデザインが良い!」という方は外構業者の無料紹介サービスは使わずに、一級建築士事務所のような会社にデザインを依頼した方が良いです。

 

管理人:間宮
次は重要な外構業者の選び方について解説します。

 

3.外構の見積もりをする際の注意点・外構業者の選び方

外構の見積もりをする際の注意点・外構業者の選び方

 

外構業者の選び方は重要です。ここをテキトーにやって外構工事を失敗されると、毎日その外構を見て後悔することになるので。

 

営業担当者の方の感じが良かったので、あまり業者のことを調べずに外構工事をお願いしたのですが失敗しました。

玄関タイルの貼り方やアプローチの乱形石の貼り方が雑です。後から気づいたのですが、私が依頼した外構工事業者は、普段は外構メインではなく、水回りの工事中心に行っている業者でした。

ちゃんと業者の施工事例など見ておけば良かったと本当に後悔してます。

引用:教えて!gooより

 

外構業者見積もりをする際の注意点や、外構業者の選び方は下記に注意して選ぶと良いです。

 

外構見積もりの注意点

  1. 担当者の営業態度は信頼できるか?
    
▶︎問合せや質問への回答、打合せ時間の厳守など、スピード感とマナーを確認。
  2. 会社が長く続いているか?
    
▶︎創業からある程度の年数が経っている外構会社は、その地域のお客様から信頼されている会社です。
  3. 予算を抑える商品選びや工夫、提案をしてくれるかどうか?
    
▶︎こちら側の立場に立って相談にのってくれる担当者は優良業者です。
  4. 外構工事の保険に加入しているか?
    
▶︎「建設工事保険」「建設業賠償責任保険」など建築系の保険に入っているかだけは公式ページで確認して下さい。
  5. 外構の有資格者が在籍しているか?

    ▶︎有資格者が多く在籍している会社は知識や技術を重視している傾向がある。
  6. 工事期間がどれくらいか?
    
▶︎近隣に騒音等で迷惑をかけることもあるため、事前に把握する。


外構業者を選ぶ際の失敗例

  1. あなたがしたい外構工事内容が得意ではない業者を選んでしまう。
    
▶︎外構工事業者の公式サイトの庭・外構の施工例を見て、"自分の好みの外構事例"がどれくらいあるか調べること。
  2. ハウスメーカーに紹介された外構業者や大手の外構業者を選んでしまう。

    ▶︎ハウスメーカーに紹介された外構業者や、大手の外構工事業者を選ぶと中間マージンで外構費用が20~30%は高くなる。全て自社で施工している地元の外構工事業者を選ぶと外構費用を抑えられる。
  3. 保証、アフターサービスをしっかり確認せずに外構工事業者を選んでしまう。
    ▶︎保証やアフターサービスの内容を外構業者に確認し明文化してもらっておく。これがあると、テキトーな工事をすると後でやり直しが発生するのが、外構工事業者にとっても無駄なコストになるため最初から丁寧に工事をしてもらえる。
  4. 現場を確認せず外構業者を選ぶ。
    
▶︎外構工事業者の過去に施工した外構工事の現場を見にいくことで、どれぐらいのレベルで外構工事をしてくれるかが分かり、他の外構工事業者と比較できる。


外構工事を失敗されたので、現在の業者ではなく他の外構工事業者にお願いする事に。今思えば、一社しか打ち合わせをしなかったのがいけなかったなと。

相見積もりや比較するのが大切なのはよく言われていても今までしたことはなかったです。

今回の外構工事でしっかり外構工事業者を比較して選んでおけば失敗はしなかったと思うので、次回から必ずしようと思いました。最悪です。

引用:ヤフー知恵袋より

トラブルになりました。もうちょっとちゃんと外構工事業者を選んでおけば良かった..。

工事も失敗したのに、さらにその業者が失敗した部分(アプローチ)の支払いについてもめてます。もう本当にめんどくさいです。

失敗したアプローチは別の外構業社に依頼することになったのですが、失敗したアプローチの費用(完全に業者の過失です)は払わないといけないですか?

引用:外構工事の口コミサイトより

 

管理人:間宮
さらに詳しく知りたい方は、下記の記事で具体的に解説しています。

 

外構業者の選び方をどこよりも詳しく解説

>>外構工事業者の選び方で犯してはいけない4つの間違いとは?

 

4.外構工事の見積もりを依頼するベストのタイミングはいつか?

外構工事の見積もりを依頼するベストのタイミングはいつか?

 

新築の打ち合わせを進めてます。外構工事は他の外構業者に見積りを取って比較したいのですが、見積りを取るタイミングはいつがいいでしょうか?

 

結論からいうと、外構業者に見積もりを依頼するタイミングは下記がベストだと思います。

 

外構の見積もり依頼タイミング


基礎工事完成後~建物中(建物完成の2~3ヶ月ぐらい前)

 

基礎工事完成の画像

基礎工事完成の画像

 

なぜ上記のタイミングがいいかと言うと、主に下記の理由からです。

 

理由

  1. 建築完了後、すぐに外構工事を行えるようにするため。

    ▶︎外構業者を探したり、見積もり・デザインの作成、修正など繰り返していると2〜3ヶ月はかかるため。
  2. 基礎工事完了後なら、水道、ガス管など埋設する配管の位置が確定している。
    ▶︎基礎工事完了後なら、配管図が完成しているので、上下水道、ガス管などの埋設する配管などの位置が確定しており、埋設する配管の位置を考慮して外構プランを考えられるので、デザインが完成した後で予期せぬトラブルで大きく見積りが変わる可能性が減らせます。 
  3. 基礎工事完了前に外構の見積りを取ると、敷地の高さが変わり、見積もり金額が変わる可能性が高い。
    ▶︎基礎工事を行う前の「造成工事」中に処理する土の処理の仕方によって、敷地(土地自体)の高さが変わってしまい、それにより積む予定のブロックの数が多くなったり、残った土の処理費用が変わってしまうためです。

※造成工事・・・多すぎる土を取り除いたり、建物を建てられるよう土地を整える工事

 

外構工事の見積もりを複数社に依頼して比較するなら2〜3ヶ月程度の余裕を持つと、建物の完成まで時間がないと焦って、デザインの修正などで失敗するのを避けられると思います。

引用:「マイホームの建て方、買い方」外構のページより

外構屋です。新築プランが決定して家の図面や配管図などができていれば、外構のプランと見積もりを作れます。

提出したプランで納得して頂いて契約しておけば、施工業者側も予定が組み易く、家の完成と同時に外構工事に進むことができますので日程的にもスムーズです。

引用:ヤフー知恵袋より

 

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事で具体的に解説しています。

 

 

管理人:間宮
次は「外構費用を安く抑えるための方法やアイデア」を解説するので、外構業者にもらった見積もりが高くて困ってる方は必見です。

 

5. 外構工事の見積もりを安くする方法やアイデア20選!

【外構を安くするコツやアイデア20選】お金のかからないおしゃれな節約術!

 

外構の見積もりをもらったが高すぎる。外構費用を節約するアイデアやコツはないでしょうか?「こうしたら安くなった!」などの経験、アドバイスが知りたいです。

 

外構費用を安く抑えるためには下記のように大きく4つの手順があります。

 

外構費用を安く抑える手順

  1. 外構業者を見つけて相見積もりをして外構工事費用を安くする。
    
▶︎最低3社は比較して、最も信頼できるコスパの高い業者を選ぶ。
  2. 外構工事費用を安くするアイデアを集めて実行する。
    
▶︎外構工事の依頼先を1社に決めた後「アプローチにタイルは高いから、コンクリート平板にしよう」など業者と相談したり、ネットでリサーチして費用を削減。
  3. 簡単な値引き交渉をする。
    ▶︎プランが確定したら、簡単な値引き交渉をします。
  4. 専門性や安全性が問われないところはD I Yをして外構工事費用を安くする。
    ▶︎プランが確定したら、DIYできそうなところをピックアップして、どのくらい費用が削減できるか考慮した上で実行。


管理人:間宮
「まだ相見積もりしてないならする」「外構工事の依頼先が決まっているなら、下記で紹介するような費用を安くするアイデアなどを参考に費用を抑えていったり、値引き交渉したり、DIYできるところはする」という流れですね。

 

 

外構費用を安くアイデア20選!

  1. エクステリア商品のグレードを抑える。
  2. 本当にそれが必要かどうか?再度考え直すことの重要性。
  3. 余裕を持って外構業者に見積もり依頼。
  4. 相見積もりをする前に優良な外構業者の選定方法を知る。
  5. 見極める知識を得たら適切な会社3社に見積もりを依頼する。
  6. 残土処分費を減らす工夫をする。
  7. 土間コンが完成するまでの駐車場はハウスメーカーに借りる。
  8. 犬走り部分(家周りの隙間)は、防草シート&砂利をDIY。
  9. クローズ外構ではなく、オープン外構にして安くする。
  10. 費用の高いブロック&フェンスではなく、おしゃれな植栽と組み合わせる。
  11. 見えない部分、目隠しの必要のないところは安いフェンス、ブロックを使う。
  12. 目隠しにミラーレースカーテンを使用。
  13. 外構工事の駐車場費用を最安値で施工するなら砕石(さいせき)一択。
  14. 駐車場をタイヤ下だけコンクリートに。
  15. アプローチはコンクリート平板と砂利
  16. 玄関、アプローチ前のスペースはシンボルツリーでおしゃれに。
  17. ウッドデッキは施工費用の安い業者で。
  18. タイルデッキはタイル部分だけDIYで。
  19. ポスト、表札、門柱でコストダウンするなら、造作の門柱は辞める。
  20. 庭は住んでからゆっくり完成させる。
  21. シンボルツリーを自分で植える。
  22. 芝生は自分でDIY→最強は暮らしのマーケットで委託する。

 

管理人:間宮
【外構を安くするコツやアイデア20選】お金のかからないおしゃれな節約方法!で、詳しい費用の解説を画像や比較表を使って紹介しているので、1つでも気になる項目があるなら必見です。

 

6.外構業者から見積もりが来ない!見積もりにかかる期間は?遅い場合の対処方も紹介【1ヶ月は遅すぎ】

外構工事の見積もりが遅い3つの理由とその対処法を解説!

 

外構業者から見積もりが来るの遅いな〜。普通こんなに時間かかるかな?いつまで待てばいいの?

 

通常、外構の見積もりに要する期間は1〜2週間ほどです。

 

これより遅い場合は下記のような理由があります。

 

見積もりが遅い3つの理由

  1. あなたが依頼した工事内容に自社で施工できない部分がある。
  2. 外構工事の依頼が立て込んでいて、とんでもなく忙しい場合。
  3. 外構工事の金額や利益があまり大きくないので積極的にやりたくない場合。

 

見積もりが2週間以上こないような遅い場合は、待っていても時間の無駄になることが多いので、さっさと見切りをつけて別の外構業者を探して見積もりを依頼することをおすすめします。

 

そういった期日や約束も守れないルーズな業者は、工事に入るのも遅くなったり、工事に入ってもどんどん後期を延長したり、

 

工事の質なども信頼できず、お金を払った挙句、工事完了までイライラさせられる可能性が高いので。

 

見積もりはおおよそ1週間で出来ます。但し、工事の依頼の内容がゴソ工事や利益の出ないものだとホッテ置く場合があります。1週間過ぎても連絡が無いなら・・・・飛んでも無く忙しいかやりたくないかのどちらか。

引用:ヤフー知恵袋より

これから追加で頼むならさらに2~3社以上に頼みましょう。そういう遅れをリカバーする意味もあるし、値段交渉の参考にもなるし。

私は無料で使える外構業者を紹介してくれるサービスを使って3社ほど紹介してもらって安くなったので利用してみると良いですよ!

ちなみに、他で見積もりが来た後で、ノコノコ最初の1社から連絡来たら、「お宅、遅いから他に連絡しちゃったよ」ってハッキリ言ってOKですからね!

引用:ヤフー知恵袋より

 

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事で具体的に解説しています。

 

見積もりが遅い場合の対処を詳しく解説!

>>外構工事の見積もりが遅い3つの理由とその対処法を解説!

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

管理人:間宮
次は、ホームセンターでの外構工事ってどうなの?という疑問に答えます。ホームセンターでの工事を検討している方は必見です。

 

7.ホームセンターで新築外構・リフォーム工事の見積もり依頼ってどうなの?

ホームセンターに新築外構工事を依頼するのはどうなのか?口コミや評判も紹介!

 

 

外構工事はどこに頼むと安く抑えられますか?ホームセンターへの依頼も検討しているので、メリットやデメリット、費用の目安や口コミなども知りたい。

 

結論から言うと、外構工事をホームセンターに依頼するのはやめた方がいいです。

 

理由は下記です。

注意ポイント

  • 無駄に中間マージンを取られる。
  • 紹介される外構業者の質は運。
  • 基本的に外構工事一式は不得意。

 

ホームセンターもハウスメーカーのように中間マージンを平均10〜20%ぐらいは取ります。

 

しかも、ホームセンターが提携している外構業者は、ハウスメーカーから紹介される外構業者より、圧倒的に質が悪いことが多いです。

 

ハウスメーカーで家を建てる場合、毎回必ずセットで外構工事も行うことになるので、ハウスメーカーは下手な外構業者は紹介できませんが、

 

ホームセンターは外構工事やリフォーム事業などたくさん手を出しているうちの1つなので、外構業者は審査もしていない地域の業者や職人が普通にきます。

 

管理人:間宮
私もホームセンター経由で新築外構の現地調査を依頼しましたが、態度とか、話し方が全然できていないような業者が見にきました。高い中間マージンを払ってなお、レベルの低い業者がくるので、個人的にはなしですね。

 

有名なホームセンターのエクステリア工事は、ほとんどが、受付を商社(資材卸問屋)が行っています。

カーポートなどは、チラシ通りにいくのは厳しい。ホームセンター側が用意する材料で工事を行うわけではありませんので、実際はチラシ価格よりは見積りは高くなります。

なにせ、商社分とホームセンター分の利益は先に確保されてしまいます。

引用:教えて!gooより

 

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事で具体的に解説してるので参考にして下さい。

 

 

 

8.他の人はどんな外構で、どんな見積もりをもらってる?ブログや一覧で見たいなら

【大公開】外構の見積もりを掲載しているブログの事例を3つ紹介!

 

外構工事の見積もりを公開しているブログや事例を見たいな。

 

こういった場合は「外構 見積もり 一覧」「外構 見積もり 例」で検索して、Googleの検索画面上部の「画像」をクリックするか、

 

「外構 見積もり ブログ」などで検索すると、ブログで見積もりを公開している人がけっこういるので参考になります。

 

管理人:間宮
さらに詳しく知りたい方は【大公開】外構の見積もりを掲載しているブログの事例を3つ紹介!の記事の中で、見積もりを公開している方のブログをまとめて紹介+外構ポータルサイトを紹介しているので参考にして下さい。

 

9.外構の見積もり金額を抑えるために最低限やるべき5つの場所。


【最低限】必ずやっておきたい外構の場所や施工方法5選!【費用も解説】

 

外構の予算が足りない。最低限やった方が良い外構ってどこ?またどんな感じ?あと50万ぐらい安くできれば満足できる外構にできそうなんだけどな…

 

結論から言うと、優先してやる場所は下記です。

 

優先すべき5つの外構

  1. 駐車場、アプローチ
    
▶︎雨の日に車のタイヤや、靴の裏、玄関周りが泥だらけになるなど。
  2. ポスト、表札、インターフォン
    
▶︎郵便物を配達する人や知人が訪ねてくる際にもかなり不便です。
  3. 境界ブロックやフェンス
    
▶︎隣地境界線と建物の間が狭かったり、排水管が邪魔したりして後から出来なくなる場合がある。
  4. 犬走り部分(家の周りの隙間)

    ▶︎土のままにしておくと、雑草が生え過ぎてメンテナンスが大変。野良猫のトイレになりやすい。など
  5. 雑草対策

    ▶︎庭、駐車場、犬走りなどは、防草シート&砂利、コンクリート、防草シート&人工芝などを最低限行なって土のままにしないように。

 

草ボーボーでヤバイ 庭なんかいらんかった。 除草剤は近隣が犬飼ってるし迷惑かけるかもしれないからさっき熱湯まいた。

引用:ガールズちゃんねる外構ページより

 

管理人:間宮
最低限やったほうが良い外構の場所の、画像、費用の比較表、アイデアなどは下記の記事で詳しく解説しています。

 

外構で優先的にやった方が良い場所を詳しく解説

>>【費用も解説】最低限やっておきたい外構の場所や施工方法5選!

 

10.外構の見積もりが高い?値引き交渉の方法を解説!

外構の見積もりが高い?値引き交渉の方法を解説!

 

外構・エクステリア工事って値引き交渉はできるものでしょうか?もし良い値引き交渉の方法があるなら知りたいです。

 

結論から言うと、新築を建てて外構工事をした段階では、あまり外構に関する知識がなかった私でも実際に20万円(相見積もりからだと60万円)値引きできたので、下記の手順を踏めば外構工事の見積もりの値引きは可能です。

 

外構工事の値引き3つの手順

  1. 外構会社3社に見積もりを依頼する。

    ▶︎他社の見積もりが後で値引き交渉の材料になる、自分の外構工事の相場を把握する、優良業者に出会う確率を上げる、デザインプランが比較できる、各社のアイデアを参考にできるなど。
  2. 3社の見積もり、外構デザインプランをもらったら修正を依頼する。
    
▶︎ここで各社と何回かデザインや見積もりの修正を重ねた上で、一番自分が納得できる1社に絞る(まだ契約はしない)
  3. お気に入りの1社を決め、値引き交渉。
    ▶︎交渉手順は下記。

 

デザインプランが気に入っているので御社にお願いしたいのだけど、A社(他社)が○○万円でしたので、A社と同じぐらいの価格にできないでしょうか?

 

「A社(他社)が○○万円でしたので」の「〇〇」の金額はトータル見積もり金額の10〜20%ほどが目安になります。100万円の外構工事なら10~20万円、200万円の外構工事なら20~40万円ほどなので、そこを値引きの目安に言って下さい。

 

管理人:間宮
上記はざっくりとした値引きの流れですが、下記の記事でさらに具体的に解説しています。

 

 

11.外構の見積もりに必要なものは?

外構の見積もりをするのに必要なものは?

 

外構の見積もりをする際に必要なものは下記です。

 

必要なもの

  • 敷地図面
  • 建物の基礎図面
  • 平面図
  • 立面図
  • 建物のパース

 

これらは絶対に必要なわけではないですが、敷地の寸法や、建物の位置や寸法が書いてあるので、これらがあると見積もりを作りやすくなりますし、

 

建物のパースがあれば外構のデザインを作る際に、建物に合わせたデザインにしてもらいやすくなります。

 

12.外構の見積もりの「諸経費」とは?

外構の見積もりの諸経費とは?

 

外構の見積もりの中に「諸経費」があるのですが、これは普通ですか?相場はどれ位ですか?

 

最初に言っておくと「諸経費」に相場はないです。

 

「諸経費」の項目は、ハウスメーカーや大手の外構会社、ホームセンターなどが、下請けの外構会社に工事を依頼する場合の、中間マージン的な位置付けで使われることが多いですが、

 

例えば、ハウスメーカーの場合は外構工事を下請けに丸投げする場合が多いです。それで、下請けが提示してきた金額に20〜30%ほどのハウスメーカーの利益を載せてお客様に提示します。

 

その時に20〜30%を全て「諸経費」に入れると目立つので、10%ぐらいを「諸経費」にして、残りは別の項目の単価を少しずつ上げて調整したりするので、

 

実際にどれくらい中間マージンが取られているかなどは「諸経費」からは判断できません。

 

会社の規模がデカくなるとすべて下請け業者に依頼しますから利益のねん出の為にあらゆる項目で取るのです。例えば管理費・運搬費・清掃費・処分費・諸経費・雑工事費など好きなだけ書くのです。

直接工事をする業者の場合は取らないところが多いです。

引用:ヤフー知恵袋より

沢山のハウスメーカーの下請けで外構工事をして来ました。一般的にセキスイ・トヨタ・ダイワ・ミサワ・ヘーベルなど大手の場合、下請け単価は70%程度です。

諸経費の2割計上する事は有りません。7~10%程度で残りは此処の単価に吹かせて計上します。

例えば車庫のコンクリート単価でも下請けの価格は砕石+ワイヤーメッシュ+コンクリート仕上げで㎡あたり4500~5000円です。ハウスメーカーはこの金額に会社の利益を加算して6000円程度で見積もりします。

そして諸経費等がさらに加わり3割程度の儲けを捻出します。もしも、少しでも安く遣りたいと思われるならハウスメーカーの出した見積もりと図面を直接施工する業者に提出して3割引いてお願い出来ますか?・・・と、尋ねられれば引き受けてくれると思います。

引用:ヤフー知恵袋より

 

管理人:間宮
結局、諸経費にこだわるのではなく、同じ工事内容で3社ぐらいで相見積もりして、トータルの金額で見てコスパの高い会社に依頼するのがベストです。

 

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

13.相見積もりをした時の良い断り方は?

外構の相見積もりをした場合の良い断り方は?

 

外構工事の見積もりを数社から取って、1社に決定したのですが、何かいい断り方はあるでしょうか?どこも親切な対応をしていただいたのでなるべく丁寧な断り方をしたいです。

 

正直、見積もりをもらっただけなら、わざわざ断りの連絡を入れない人の方が多く、外構会社も相見積もりで断られるのは慣れているので、そこまで深く考えていない場合が多いです。

 

それでもあえて丁寧に断るなら、

 

見積りありがとうございました。数社見積りを比較した結果、金額的に安かった他の外構会社のところでお願いすることになりました。また機会があればよろしくお願い致します。

 

上記の感じで、その外構会社の担当者がなぜ自分のところに外構工事を依頼してくれなかったか?原因を正直に伝えてあげると、その外構会社も次に活かせて良いと思います。

 

電話で言いづらいという方は、上記の内容をメールで送ればOKです。

 

外構屋です。きっぱり断ってもらって結構ですよ。でも、労力をかけたのは事実です。

なぜダメだったのか正直に言ってもらえるとうれしいです。理由がわからないと今後に生かせませんから!良い外構が出来ることを祈っております。

引用:ヤフー知恵袋より

断りの連絡などいりません。決めた業者の工事を進めてしまえばわかることなので...見積もりをしたからといって工事を必ず受注できるとはどの業者も思っていませんから心配ありません。

どうしてもというならもう一方の業者に決めました等の電話でいいでしょう。

引用:ヤフー知恵袋より

 

管理人:間宮
ちなみに、外構一括見積もりサービスを利用すると、紹介してもらった外構業者への断りはどのサイトも全て代行してくれるので便利ですよ。

 

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

14.ハウスメーカー経由で外構業者に見積もりを依頼すると3割高いって本当?

ハウスメーカー経由で外構業者に見積もりを依頼すると3割高いって本当?

 

「 ハウスメーカー経由で外構業者に見積もりを依頼すると3割高い」というのが通説ですが、これは概ね正しくて、ハウスメーカーによりますが概ね20〜30%は高いです。

 

ただし、自分で探した他の外構業者の見積もりの方が絶対に安いわけではなく、ハウスメーカー経由の外構業者の方が安い場合も普通にあります。

 

実際に私が新築外構工事で、外構紹介サービスなどから紹介してもらって、10社以上に見積もりを取って比較したら下記のような金額だったので。

 

外構一括見積もりサイト 私がもらった見積もりの金額
タウンライフリフォーム ¥1,180,000
ガーデンプラス ¥1,182,000
リショップナビ ¥1,486,000
ハピすむ ¥1,450,000
スーモカウンターリフォーム ¥1,581,000
ハウスメーカー紹介の外構業者 ¥164,1000
ホームプロ ¥1,660,000
リフォームコンタクト ¥1,858,000
くらそうねエクステリア ¥1,880,000
リフォーム比較プロ ¥2,980,000

 

管理人:間宮
なので、まだハウスメーカー経由の外構業者の見積もりしかもらっていないなら、最低でも3〜4社で相見積もりしないと損するのでやったほうが良いです。

 

沢山のハウスメーカーの下請けで外構工事をして来ました。一般的にセキスイ・トヨタ・ダイワ・ミサワ・ヘーベルなど大手の場合、下請け単価は70%程度です。

諸経費の2割計上する事は有りません。7~10%程度で残りは此処の単価に吹かせて計上します。

例えば車庫のコンクリート単価でも下請けの価格は砕石+ワイヤーメッシュ+コンクリート仕上げで㎡あたり4500~5000円です。ハウスメーカーはこの金額に会社の利益を加算して6000円程度で見積もりします。

そして諸経費等がさらに加わり3割程度の儲けを捻出します。もしも、少しでも安く遣りたいと思われるならハウスメーカーの出した見積もりと図面を直接施工する業者に提出して3割引いてお願い出来ますか?・・・と、尋ねられれば引き受けてくれると思います。

引用:ヤフー知恵袋より

 

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

15.外構の相見積もりする場合に、他社にデザインや見積もりを見せてもいいのか?

外構の相見積もりする場合に、他社にデザインや見積もりを見せてもいいのか?

 

相見積もりする場合に、他社に外構デザインパースや見積もりを見せてもいいのでしょうか?

 

外構デザインパースや見積もりですが、外構業者から「先に出来上がった会社のデザインパースや見積もりを見せて欲しい」と言われたとかなら、そもそもその会社に依頼するのはやめた方がいいです。

 

契約に繋がらないかもしれないデザイン図面や見積もりを作るのは手間なんでしょうが、「他社の図面をパクる」「他社の見積もりから全体的に少しずつ安い見積もりを作る」そうやって楽して契約を取ろうとする会社は信用できません。

 

管理人:間宮
なので、もしそういうことを言ってくる外構業者にあたってしまったら、別でまた何社か外構業者を探して見積もり依頼をした方が良いです。

 

デザインも外構会社の実力のうちなので、希望を口頭で伝えて各社にデザインしてもらった方がいいですよ。その方が色んなデザインの外構も見れて参考になりますし。

また見積もりも、先にくれた会社の見積もりは最初の段階では見せないほうがいいですよ。

それを見てテキトーに金額を調整して安くすればいいだけなので、後に見積もりを出すほうが有利になるだけで=そちらが良い業者とはなりません。

最初から、相見積もりだろうがなんだろうが「適正価格で出します。」という会社の方が信頼できますよね。

引用:ヤフー知恵袋より

A社のデザインに質問者さんの希望が文句無しに反映されているのなら、それを参考に他社に見積取るのはありかもしれませんが(A社としては良い気しないでしょうけど)、費用の内訳まで欲しいとなると、その内訳から少しずつ安くして出してくると思います。出てる金額を安くするのが一番簡単ですから。

でも、それでは相見積もりの意味ないですよね。あと、考えられたデザインは意図があってそうしている場合が多いです。その意図が解っていない業者がデザイン画通りに施工できるのか?そのデザインの施工をするだけの技術があるのか?
そういう業者に限って工事に不具合があると「図面がそうなっているので」とか責任逃れをする事が多いように思います。

私なら、人のふんどしで相撲を取るような業者にはあまり任せたくありません。とりあえず、B社C社にも要望は伝えられていると思うので、各々で考えたプランの提案を受けるべきだと思います。

提案力に技術力はある程度伴っていると思いますよ。

引用:ヤフー知恵袋より

 

人気記事

人気記事:外構一括見積もり9サイトを比較表を使って徹底比較

>>外構工事一括見積もり×無料×9サイトを徹底比較【おすすめ順にランキング】

 

まとめ:知識を得たら今すぐ行動することが大事。

外構 見積もり まとめ

 

外構工事の見積もりをしていると次々と分からないことが出てくるな…。誰かまとめて詳しく解説してくれないかな?

 

こういった疑問に答えました。

 

記事の内容を簡潔にまとめると下記の内容です。

 

まとめ

  1. 外構の見積もりの適正価格を知りたいならシミュレーションor相見積もり。
    
▶︎適正価格のシミュレーションなら「エクスショップ」というエクステリア商品販売の最大手の会社のサイトで確認。

    ▶︎見積もりもらったけど妥当かな?高くないかな?のように適正価格が判断できないのは基本的に見積もりを比較してないから。相見積もりは必須。
  2. 外構の見積もりを依頼する業者を見つける方法【新築外構、外構リフォーム】
    ▶︎外構業者を見つける方法は大きく2つ。「①自分で外構業者を探す」or「②無料で使える外構一括見積もりサービスから紹介してもらう」。あなたの状況に合わせてどちらかを選択する。
  3. 外構の見積もりをする際の注意点は・外構業者の選び方

    ▶︎外構業者の選び方をテキトーにやって工事を失敗されると、毎日その外構を見て後悔することになるのでしっかり選ぶこと。「注意点」や「選び方」は上記をクリックして確認して下さい。
  4. 外構工事の見積もりを依頼するベストのタイミングはいつか?
    
▶︎基礎工事完成後~建物中(建物完成の2~3ヶ月ぐらい前)。
  5. 外構工事の見積もりを安くする方法やアイデア20選!
    ▶︎「アプローチにコンクリート平板と砂利(芝)を活用」「タイルデッキはタイル部分だけDIYで安く仕上げる」など20個以上の費用を安くするアイデアを紹介。
  6. 外構業者から見積もりが来ない!見積もりにかかる期間は?遅い場合の対処方も紹介【1ヶ月は遅すぎ】
    
▶︎ 外構の見積もりに要する期間は1〜2週間。これより遅い場合は「あなたが依頼した工事内容に自社で施工できない部分がある」「依頼が立て込んでいて、忙しい場合」「利益が大きくないのでやりたくない場合」などがある。
  7. ホームセンターへの新築・リフォーム外構工事の見積もり依頼ってどうなの?

    ▶︎ ホームセンターは「無駄に中間マージンがかかる」「紹介される外構業者の質は運」「基本的に外構工事一式は不得意」の理由からおすすめしない。
  8. 他人がどんな外構で、どんな見積もりをもらってるか?一覧で見たいなら
    
▶︎「外構 見積もり 一覧」「外構 見積もり 例」で検索して、Googleの検索画面上部の「画像」をクリックするか、紹介している外構ポータルサイトを使うのがおすすめ。
  9. 外構の見積もり金額を抑えるために最低限やるべき5つの場所。
    
▶︎ 基本的に最低限やる場所は「駐車場、アプローチ」「ポスト、表札、インターフォン」「境界ブロックやフェンス」「犬走り部分(家の周りの隙間)」「雑草対策」の5つ。の詳細記事でそれにかかる費用や画像も紹介。
  10. 外構の見積もりが高い?値引き交渉の方法を解説!

    「①外構会社3社に見積もりを依頼する」「②3社の見積もり&外構デザインプランをもらったら修正を依頼する」「③お気に入りの1社を決め、値引き交渉する」交渉トークは詳細を確認して下さい。
  11. 外構の見積もりに必要なものは?
    
▶︎「敷地図面」「建物の基礎図面」「平面図」「立面図」「建物のパース」あればスムーズに外構の見積もりやプランを作成してもらえる。
  12. 外構の見積もりの諸経費とは?
    
▶︎「諸経費」の項目は、ハウスメーカーや大手の外構会社、ホームセンターなどが、下請けの外構会社に工事を依頼する場合の、中間マージン的な位置付けで使われることが多い。
  13. 相見積もりをした時の良い断り方は?

    ▶︎電話orメールで「見積りありがとうございました。数社見積りを比較した結果、金額的に安かった他の外構会社のところでお願いすることになりました。また機会があればお願い致します。」でOK。
  14. ハウスメーカー経由で外構業者に見積もりを依頼すると3割高いって本当?

    ▶︎これは概ね正しくて、ハウスメーカーによりますが概ね20〜30%は高いことが多いのは事実。ただし、逆にハウスメーカーから紹介された外構業者の方が安いことも普通にある。詳しくは10社の見積もりの比較表を載せてあるので上記をクリックして確認して下さい。
  15. 外構の相見積もりする場合は、他社にデザインや見積もりを見せてもいいのか?
    
▶︎外構業者に「他社の図面や見積もりを見せてほしい」と言われても見せるのはやめた方がいい。 契約に繋がらないかもしれないデザイン図面や見積もりを作るのは手間なんでしょうが、楽して契約を取ろうとする会社は信用できない。そういう業者にあたったら、別でまた何社か外構業者を探すこと。

 

管理人:間宮
これらの各項目を読んで知識を得たなら、外構工事の見積もりに関する問題はほぼ解決できます。あとは行動を起こせる人だけが成功できると思うので、今すぐに動きましょう。

 

 

この記事は以上です。

 

人気記事:人気の一括見積もりサイトの評判・口コミを解説!

【トラブル有】ホームプロの評判・口コミは最悪?デメリットまで徹底解説!

 

© 2022 外構・リフォーム情報.com Powered by AFFINGER5