注文住宅

注文住宅の壁紙、クロスの決め方を"グンと良くする"7割の人が知らない方法【マミブログ】

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

壁紙 クロス

 
こんにちは!自称日本一ポジティブな男!
マミーです(^ ^)
 
 
注文住宅を建てていると、
悩む事はとても多いのですが、
その中の1つに 【壁紙、クロス】があります。
 
 
 
壁紙やクロスにはかなり種類があり、
また床材やカーテン、インテリア等
の事も考えたりしなければならず、
これどうやって決めたらいいの?
とお手上げ状態になってしまう方も多いようです。
 
 
 
実際私もハウスメーカーの担当者に相談しても、
分厚いカタログを渡されて、
「この中から決めておいて下さいね」
と言われただけで、
特にためになるアドバイスもありませんでした。
 
 
 
カタログに付いている壁紙やクロスのサンプルも
小さい物が多かったり、
全ての壁紙にサンプル画像が付いてないので、
 
壁紙 クロス カタログ

壁紙、クロスのカタログ

 
 
壁紙をパース(3D画像)で、壁紙を変えたりしながら
選べないんですか?
 
 
実際の壁紙をカタログについてる小さいのではなく、
大き目の壁紙とかで見れないんですか?
 
 
と聞いても、そのカタログを見て、
後は、想像して選んでもらうしかない。
と言われました。
 
 
 
この壁紙を部屋に付けたらどんな感じになるのか?
とか想像だけではなかなか決断出来ませんし、
 
 
 
玄関やリビング、通路、トイレ、寝室など
統一感を出した方がいいのか、
バラバラの壁紙、クロスでもいいのか?
など、悩みは尽きませんでした。
 
 
 
しかも、

カタログに付いている小さい壁紙と
一部の施行イメージだけで決めるしかないっって
そんな事ある?
と思ったので、徹底的に調べたら
やっぱり他にも色々方法がありました。"怒"
 
 
 
 
ハウスメーカーの人は、営業担当から、
内装担当に変わったのに、
何のための内装担当なの?
と言うぐらい何もアドバイスがなく、
 
 
自分でネットや本で調べた方が、
よっぽど有益でした。

 
 
そこで今回は、
 

 

  • 注文住宅の壁紙、クロスってどうやって決めていけばいいの?

 
といった方へ向けて、
 
 
私が徹底的に調べた決め方で、
これは使えるな。という
おすすめの壁紙、クロスの決め方
を紹介します。
 
 
※【マミブログ】では、
ユーザーが知りたい内容に対して、余計な情報は極力省き、
「早く。簡潔に。分かりやすく」記事を書くようにしています。
 
 

1.壁紙、クロスメーカーのショールームへ行く!

壁紙 クロス ショールーム

 

何から決めたらいいのか全然分からない方は、
一番確実で手っ取り早いのは、
【壁紙やクロスメーカーのショールームに行く事】です。

 

私のハウスメーカーの内装担当者は、
壁紙やクロスのショールームがある事すら教えてくれませんでした(-""-)

 

この記事の冒頭にも画像を載せましたが、
壁紙、クロス、メーカーのカタログでも、
もちろん参考、目安、好みを探るには見た方がいいですが、
カタログに付いている壁紙、クロスのサンプルは小さいです。

 

色には面積効果というものがあり、
同じ色でも小さい物より、大きい物の方が明るく見えます。

面積効果 壁紙、クロス

面積効果

出典:NOIE配色理論口座より画像を引用

 

また、
照明の色によって同じ壁紙でも
全く違った色に見えます。

 

出典:nikomama日記より画像を引用

 

壁紙、クロスのショールームに行くメリットとしては、

 

 

  • 予約して間取り図を持って行くと、コーディネイトしてくれる。
  • 実際の床や壁紙、クロスを合わせて、色が合うかどうか確認出来る。
  • 実際の壁紙、クロスの明るさや色合いや感触を確認出来る。
  • 実際の壁紙、クロスの大きさで確認出来る。
  • 選んだ壁紙、クロスにオレンジや電球色など違った照明を充てて確認出来る。

 

 

など多くのメリットがあるのでかなりおすすめです。
以下の壁紙、クロスのショールームが有名なので検索してみて下さい。

 

  • サンゲツ
  • リリカラ
  • 東リ
  • シンコール

 

どうしても近くに壁紙、クロスのショールームがない方や、
ショールームに行く時間のない方はまだまだこの記事で、
他の方法も紹介するので参考にして見て下さい(^^

 

 

2.壁紙、クロスメーカーのカタログからA4サイズの壁紙を請求する!

壁紙 クロス カタログ

まずは、工務店やハウスメーカーから借りた、
各クロス、壁紙メーカーのカタログ、
もしくはデジタルカタログをチェックします。

壁紙 クロス デジタルカタログ

デジタルカタログ

 

ネットで「壁紙(クロス) カタログ」
で検索すれば見れるので、
サンゲツでもリリカラでも好きなメーカー
のカタログを見て下さい。

 

実際のカタログは小さい壁紙のサンプルが
たくさん付いていて、
その中の一部の壁紙を使った
部屋のイメージ写真が載っている感じです。

 

デジタルカタログのページの方が
実際のその壁紙を使った部屋のイメージ写真
が圧倒的に多いので、デジタルカタログをおすすめします。

 

その中で、リビング、玄関、ホール、通路、
寝室、子供部屋、トイレなど、
1通り見てみたい壁紙を全て選んで、
工務店やハウスメーカーの人に、
A4サイズのサンプルを取り寄せて欲しいと
依頼して下さい。

 

メーカーによっては自分でサイトから取り寄せられる
ようなので、自分で取り寄せてもOKです。

 

全て無料で、目安として、
20~30種類程度は1度に取り寄せる
方が多いようです。

 

3.壁紙、クロスの決め方のコツや注意点

アクセント クロス

 

3-1  家の外観のテイスト、カーテンや家具の色も込みで考える!

 

良くある失敗ですが、
家の外観やカーテンや家具の色の事を考えず、
床材と壁紙だけで決めてしまう事です。

 

これをしてしまうと、
家の外観が和風なのに、玄関の壁紙が洋風になったり、

 

今現在自分の賃貸で使っているカーテンなどを
そのまま使おうと考えていた時や、

 

既にお気に入りのカーテンが決まっている時などに、
壁紙の色とカーテンの色が被ってしまったり、
全然色が合わなかったりします。

 

私の場合は、最初カーテンの事を忘れていて、
グレーの壁紙にしようとしていたのですが、

 

既にお気に入りのグレーのカーテンがあったので、
途中で気づいて壁紙を変えたので良かったですが、

 

危うく、グレーの壁紙にグレーのカーテンに
なる所でした(汗)

 

3-2.部屋の配色の基本は、【70%・25%・5%】!

 

部屋の配色の基本は、
ベースカラー70%、アソートカラー25%、
アクセントカラー5%。と言われています。

 

床、壁、天井などの広い面積はベースカラー70%。
カーテン、ラグ、ソファなどのアソートカラーで25%。
クッションやインテリアなどのアクセントカラーで5%。

 

参考画像をどうぞ。

 

3-3  壁や天井に白いクロスを選ぶ時に、テキトーに選ばない!

 

白い壁紙やクロスをベースに選ぶ時に、
白ならどれでも一緒でしょ?
といった感じで選ぶ方がいるようですが、
要注意です。

 

本当に白い壁紙をサンプルとかで見て選ぶと、
冒頭で説明した面積効果で、
イメージしているよりもかなり真っ白になります。

 

壁紙 クロス 白

天井だけ真っ白の壁紙にした失敗例

 

壁紙に白を選ぶ場合でも、
アイボリーやベージュぐらいの白色を選ぶと、
イメージしているような白になります。

 

3-4 玄関ホール&通路&リビング、脱衣所&風呂は統一感があると良い。

 

たくさんのカタログやインターネットで多くの家を
見てきましたが、

 

玄関ホール&通路&リビングの壁紙、クロスと、
脱衣所&風呂のパネルのカラーは統一感を出した方が良いです。

 

それ以外の、子供部屋、寝室、
トイレ、パントリー、ウォークインクローゼットなどは
全く違う壁紙やクロスにしても違和感がありませんので、
色んな柄や色で遊んでもいいと思います(^^

 

失敗したくない人は上記を1つの目安にすると良いです。

 

まとめ

 

注文住宅の壁紙、クロスの決め方を紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

1番いいのは、やはりショールームで好みを伝えて、
無料でコーディネートしてもらい、
その一部を自分達で部分修正する事です。

 

最悪、壁紙は消耗品なので、
後で張り替える事も可能ですし、
6帖の部屋を全て張り替えても数万円程度なので、

 

失敗したら張り替えようぐらいの気持ちで、
チャレンジしてみるのもありかと思います!

外構 業者 探し方
人気記事【体験談】外構業者の探し方で、限りなく失敗しないための3つの方法!

続きを見る

【無料のみ】外構の一括見積もり7サイトを徹底比較してランキング
人気記事【無料】外構業者一括見積もり7サービスのおすすめランキング&比較!!

続きを見る

 

Follow me!

  • この記事を書いた人

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

© 2021 mamiblog Powered by AFFINGER5