外溝、エクステリア

【体験談】外構業者の探し方で、絶対に失敗しない3つの方法【簡単です】

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

外構 業者 探し方

 

注文住宅でハウスメーカーから紹介された外構業者以外にも見積もりを取りたいのですが、外構、エクステリア業者の探し方って皆さんどうしてますか?外構関係の知り合いがいないし値段の相場も分からないです。なるべく時間を掛けず、少しでも安くできる優良業者を探したいです。

 

こういった疑問に答えます。

 

管理人まみー
この記事はあらゆる外構業者の探し方を網羅して紹介しているので、外構業者を探しているならこの記事だけ読めばOKです。

 

本記事の内容

 

1.外構業者の探し方で、絶対に失敗しない3つの方法

外構 業者 選び方

 

まず結論からですが、

 

  1. 外構費が高くなっても、デザインがありきたりでも良いので時間や手間を掛けたくない人
    ⇒ハウスメーカーに紹介された外構業者で施行するだけでOKです。
  2. 外構費をなるべく安くしたい&しっかり施行して欲しい(デザインにこだわりがある)のでどれだけ時間を掛けても良い人
    ハウスメーカーに紹介された外構業者+それ以外のを自分で探し最低3社の見積もりを取って比較。
  3. 外構費をなるべく安くしたい&しっかり施行して欲しい(デザインにこだわりがある)が時間には限りがあるので、さくっと効率よく優良業者を何社か見つけて、比較して決めたい人
    ⇒ハウスメーカーに紹介された外構業者+外構業者無料紹介サービスを利用して最低3社の見積もりを取って比較。

 

上記の3つの方法があるので、自分の状況に合った外構業者の探し方を選択すればOKです。

 

私は上記を全部試しました結果【3】の方法が1番、掛かった時間や価格などトータルで考えるとコスパが良く、おすすめ出来るという結論に至りました。

 

上記1~3の外構業者の探し方ごとにメリットデメリットの紹介と、なぜ私が、

 

【ハウスメーカーに紹介された外構業者+外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3社の見積もりを取って比較】という方法が、1番いいという結論に至ったのかを順番に解説していきます。

 

1.外構業者の探し方①ハウスメーカーに紹介された業者だけで施行する場合

外構業者の探し方①ハウスメーカーや工務店に紹介された外構業者だけで施行する場合

 

外構業者の探し方①のメリット

 

  • ハウスメーカーに紹介された外構業者と打ち合わせをするだけでいいので楽。

 

という事だけです。本当に外構業者探しに時間を掛けたくないし、相見積もりを取ったりするのがめんどくさい。多少高くなっても良い。という人はこれだけでOKです。

 

外構業者の探し方①のデメリット

 

  • 外構業者からハウスメーカー側への紹介料(中間マージン)で、外構費用が20~30%程高くなる。
    ※仮に外構費用が本来150万円だとしたら、同じ工事を自分で探した外構業者に依頼すると105~120万円ぐらいしか掛からない事が多いです。

 

とりあえず何よりも費用が高いです。私の場合、この30~45万円ぐらい外溝費用が高くなるのが嫌だったので、外構業者無料紹介サービスを利用して相見積もりを取りました。

 

ハウスメーカーに紹介された外構業者に依頼する場合に、どれほど高くなるのか?それは何故なのか?という事が詳しく知りたい方は下記の記事も合わせて読んでおくといいです。

 

 

なぜ、最低3~4社の見積もりを取った方が良いのか?説明するまでもないかも知れませんが、

 

1社だけの外構プランや内容を見ても、安いのか?高いのか?デザインは普通なのか?良い感じなのか?分からないので、何社かのデザインや見積りを比較して初めて、

 

「A社はデザインは良いけど少し割高だな」
「C社の方がデザインが良いし、さらに安いな」

 

など分かってきます。

 

思い出してもらえば分かると思うのですが、恐らく、あなたがハウスメーカーや工務店を探す時、何社かのハウスメーカーや工務店を回って、間取りプランや見積りを出してもらい、営業さんとの相性や、自分達の要望、コスパなどトータルで比較して、今のハウスメーカーや工務店を選ばれませんでしたか?

 

また、何でもそうですが手を抜いたらそれまでの結果しか得られません。

 

例えば、中古車を買うのに何件も回るのがめんどくさいからと、1つの中古車屋さん1件だけ見て決めてしまう。これでは満足出来るコスパの高い車が手に入る確率は低いと思います。

 

3~4つぐらいの会社で、商品を見て、スペックや走行距離を見て、値段を見て、比較して選んだ方が、より良い車を購入出来る確率は確実に上がります。

 

それと同じで、比べないとその会社の、どこが良くて、どこが悪いのか分からないので、最低3~4社は見積りを取って、あなたにとって、コスパが良くて、優良な業者を探しましょう。という事です。

 

外構をハウスメーカー紹介業者にするか、
自分で探した外構業者にするかですが、

ハウスメーカーで建てたら高いから。という理由で外構業者にすべきではなく、
ハウスメーカーから紹介された業者と自分で探した業者のどちらが、
コスパがいいのか。で比べるべき。

無料で外構、エクステリアの優良業者を紹介してくれるサービスも
出てきているので利用して見るのもいいでしょう。

総合的に、技術、プラン、施行実績、値段、
それらを比べて自分で決めればいいので、
その比べるために、見積りが必須なので、
最終的にどちらにするにしても、見積りだけは取りましょう。

引用:住宅のプロが教える。失敗しないマイホームの建て方、買い方より

どうするかは、HMと外構業者の両方に見積りを取ってみてからでいいと思います。
たしかにHMのほうが高くつく傾向にありますが、面倒は少ないです。

また外構業者のほうがいい提案をしてくる可能性もあります。
うちは人工木のウッドデッキを使いたかったのですが(メンテナンスが楽なので)、HMはハードウッドしか出来ないようだったので外構業者にお願いしました。

やりたいことによっても選び方は変わってくると思うので、
まだ時間があるなら両者とよく相談してくださいね。
外構業者は出来れば何社か見積りを取るといいですよ。

引用:ヤフー知恵袋より

新築時に、どこからとも無く数社の外構業者が連絡してきました。
これら業者とHMで見積りを取りました。
なんでやと思うほどHMは高いです。

別途こちらから連絡した近くの外構もやっているホームセンターも高かったです。
結局一番安いところでは無かったですが、信頼できそうな業者を選びました。

新築後2ヶ月ほど打ち合わせをしその1ヶ月後に完成し問題も出てこなかったです。
私は新築時に慌てて完成させるより、じっくり検討する派です。

引用:ヤフー知恵袋より

施主支給をいやがるHMもありますので、了解してもらえ、なおかつ自分で手配した方が安くなりそうなら挑戦してもいいでしょう。

ただし工事のタイミングに合わせる必要がありますので、きちんと打ち合わせを。
カーポートに関しては外構工事を自分で別業者に発注した方が安くあがると思います。
HMの外構工事は高いです。

ただ、自分で気に入るプランを出してくれ、
安い業者を見つける必要があります。
安さが大切なら複数見積を取るべきです。

私の場合は、外構業者を紹介してくれるサイトで教えてもらった外構業者が、
信頼出来たので、そこに決めました。
あなたがHMとすでに契約済みならどうしようもないですが。

引用:教えて!住まいの先生より

 

2.外構業者の探し方②ハウスメーカーに紹介された業者+それ以外を自分で探し、最低3社の見積もりを取って比較。

外構業者の探し方②ハウスメーカーや工務店に紹介された外構業者+それ以外の外構業者を自分で探し、最低3~4社の見積もりを取って比較する。

 

外構業者の探し方②のメリット

 

  • とにかく安く済ませたい。という人は、全て自分で外構業者を3~4社探して、
    見積もりを比較して決めるこの外構業者の探し方が、ぶっちゃけ1番安くなります。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、何でも人に頼むと手数料や紹介料、工賃がかかります。

 

究極は自分で外構もDIYする事ですが、防草シートや砂利敷きぐらいは自分で出来ても、基本的にブロック積んだり、フェンス付けたり、駐車場の土間コンクリートは素人では出来ません。

 

なので外構は、外構業者さんにお願いするのはしょうがないとしても、その外構業者さんとの間に、さらにハウスメーカーや、外構業者を紹介するサービスなどを間に挟むと中間マージンが発生して高くなります。

 

なので、自分で外構業者を探すのが1番安いです。中間マージンや紹介料が発生しないので、純粋に、外構の材料費と、工賃だけになるからです。

 

外構業者 探し方 中間マージン

画像出典: 造園・外構・エクステリア・お庭のユアサ園芸より

 

外構業者の探し方②のデメリット

外構業者の探し方②のデメリット

 

  • ハウスメーカー選びよりも、自分で外構業者を探す方がはるかに難しい。
    ⇒ハウスメーカーや工務店の住宅展示場のように1つに集まっている場所がない。
    ⇒ハウスメーカーなどと違って、ブログや口コミなどの情報がほとんどない。
  • 外構工事にはトラブルが多いので、信頼出来る外構業者選びが大切だが、どうやって信頼出来る業者を探せばいいのか?何を見て判断すればいいのか?など自分で全てやるには、分からない事が多い。
  • 何よりも、自分で優良外構業者を3~4社探そうと思うと、かなり時間がかかる。

 

自分で外構業者を探すのがどれだけ大変でも、時間を掛けてもいいのでとにかく安くしたい!という人には自分で探すのが1番安いのは間違いありません。

 

とは言え、冒頭にも述べましたが、私は自分で外構業者を探すのも、この後に紹介する外構業者無料紹介サービスを利用して最低3社紹介してもらうのも両方とも実際に体験しました。

 

その結論として、個人的に自分で探すのはあまりおすすめしません。

 

理由は上記デメリットで書きましたが、時間がかかり過ぎるし、本当に大変だったし、それだけ時間を掛けたわりに、優良業者と思える業者は1社しか見つけられなかったので、掛けた時間に対するコスパがかなり悪いと思ったからです。

 

大変でも1番安い方法、つまり、自分で外構業者を探したいという方もいると思うので、下記で自分で外構業者を探す方法を紹介しておきます。

 

  • インターネットで探して、メールや電話で見積もりを依頼する。
  • 自分で地域を歩いて回ったり、車で回って見つけた外構業者に見積もりを依頼する。
  • 家族や友人などが実際に依頼した外構業者を教えてもらって見積もりを依頼する。

 

自分での外構業者の探し方その①.インターネットで探して、メールや電話で見積もりを依頼する。

外構業者の探し方②.自分の地域の外構業者を探してメールを送る。

 

自分での外構業者の探し方の1つ目は「インターネットで探して、メールや電話で見積もりを依頼する」です。

「市町村名 外構」で検索して1ページ目に出てくる会社の中から1サイト数分見るだけで良いので、

 

ざっと見て、良さそうな外構業者3~5社に下記のテンプレートをコピーして、〇〇の所や「」内は自分の状況に置き換えて、必要がない項目や、外したい項目があればはずし追加で何か聞きたいなら追加してから外構業者にメールを送って下さい。

 

コツとしては、キラキラした、いかにも!って感じのサイトの会社は高くなるのでやめた方がいいです。

 

こんにちは。
〇〇と言います。

「現在、ハウスメーカーと契約して建築中で、
来月には建物が完成する予定です。」
建築する住所は〇〇です。

そこで、ハウスメーカーから紹介されている
外構業者とは別で、何社か外構プランや見積りを
見てから決めたいと思い、

サイトを見ていた所、気になったので、
メールさせて頂きました。

ハウスメーカー側には、
他の外構業者に見積りを取る事は
伝えてあり、了解を取ってあります。

少し多くて申し訳ないのですが、
聞きたい事がたくさんあり、
メールで箇条書きにしたので、
ご返信お願いしたいです。

 

・現時点での見積りは可能でしょうか?

・見積りは無料でしょうか?

・現在の希望としては、
〇〇風の外構にしたいと考えています。

・見積りを出す際に、現地を確認しますか?

・持ち物は何が必要でしょうか?
・実際の施行現場が近くにあったりして、見に行くことは可能でしょうか?

・打ち合わせは現地付近で行なう事は出来ますか?

・プランについてですが、平面図や立面図、
パース(絵)や立体で見れるウォークスルー
の映像などはありますか?

・どういった外構の施行実績が多いでしょうか?

・施行実績はどれぐらいありますか?

・施行は全て自社施行でしょうか?

・会社は設立してから年数でしょうか?

・依頼する事になった場合、
工事代金の支払いはいつになりますか?

・アフターサービスはありますか?

・製品のメーカー保証以外で、
施工面の保証はありますか?

以上、お手数ですが、宜しくお願い致します。

 

 

なぜ、この方法が良いのかと言うと、実際に「市町村名 外構」で調べてサイトを見ていれば分かりますが、実際の外構工事した写真が多いサイトはまだいいですが、だいたいのサイトが、

 

  • どれくらいの値段なの?
  • どんな外構が得意なの?
  • 支払いはいつなの?

 

など他にもたくさんありますがずっと見ていても分からない事が多く、サイトを見てるだけで時間がかかるのに、結局どこに頼んだらいいのか分かりません。

 

そこで、サイトはざっと見るだけにしてどうせずっと見ていてもどこが良いのか分からないので、サイトをちょっとだけ見て、直観で良いので良さそうだと思った3~4社に聞きたい事を全て書いたメールを送る。

 

また、こういうメールを送るのにはもう1つ理由があって、メールなどが届いている事に気づかない、管理のずさんな外構業者や会社、メールが届いていても質問が多いのと、問題のある外構業者だったら答えにくい質問も混ぜてあるのでバツの悪い外構業者や会社は連絡してきません。

 

つまり、サイトを見ているだけでは、絶対に分からない実際の外構業者の対応もメールへの対応で分かります。

 

上記のようなメールにもレスポンスが早く、丁寧に返信してくれる外構業者や会社は優良業者の確率が高くなります。

 

逆にメールを何日も返信してこない外構業者や会社は工事もずさんな可能性が高いのでそのまま無視しておけばいいです。

 

下記は私が上記のメールを送った際に、メール送ってから2~3時間以内に返信してきたある外構業者の返信メールです。

 

すごく返信が早く、丁寧なメールが帰って来たので今回の私の要望には合いませんでしたが、優良外構業者である確率は高いと思います。

 

もちろん電話で見積もり依頼したい人は電話でもOKです。

 

※文字が小さくて読めないと思うので、
画像をクリックして拡大して下さい。

外構工事をお願いしようとしている外構業者の対応に不信感が生じてしまい
これ以上話を進めるべきか迷っています。

こちらから連絡し、
何度かやり取りをしたのですが、
とにかくこちらの質問に対するリプライが不満なのです。

例えば
・○○の見積もりがほしい → 数日後見積書がポストに投函されているが
こちらは家にいたにも関わらず挨拶もしないものかと。
せめて忙しいのであれば付箋ででも一言あっていいんじゃないか?

・色見本を見せてほしい → 1週間たっても反応がなく、催促の電話をしたところ
「メーカーには依頼しているんですけどまだなんですよ」との返答

翌日新聞を取りにポストを見たら色見本が裸の状態で入っていた
しかも、こちらが希望していた色はない上に
ボロボロで台紙が少し色あせた見本。

こちらからの連絡はメールですることが、
多いのですが、メールですらほとんど
返ってきたことはありません。
あまりに反応が薄い業者なので、安心して頼む気が失せかけています。

引用:教えて!住まいの先生より

信用できないと思った業者と話を進めても不満が募るばかりでしょう。
他のお客で忙しいのか・・・ずさんなのか...
正式にお断りして、別の業者に気に入ったプランの要点を話してさらによいプランを作ってもらいましょう。

引用:教えて!住まいの先生より

自分での外構業者の探し方その②自分で地域を歩いて回ったり、車で回って見つけた外構業者に見積もりを依頼する。

自分での外構業者の探し方②自分で地域を歩いて回ったり、車で回って見つけた外構業者に見積もりを依頼する。

 

自分での外構業者の探し方の2つ目は「自分で地域を歩いて回ったり、車で回って見つけた外構業者に見積もりを依頼する。」です。

 

普段何気なく歩いていたり、車で通っている時には気づいていないだけで「外構業者いないかな?」という頭で、歩いたり、車で走っていると、近くにこんなに外構業者があったんだ。というぐらいけっこう見つかります笑

 

私の場合は、自宅の近くだけで6~7件の外構業者を見つけました。

 

私はこの方法で探した外構業者に見積もり依頼はしていないので、実際にどうなるかは分かりませんがこういった方法もあるという事で紹介しておきます。

 

自分での外構業者の探し方その③.家族や友人などが実際に依頼した外構業者を教えてもらい見積もりを依頼する。

自分での外構業者の探し方③.家族や友人などが実際に依頼した外構業者を紹介してもらって見積もりを依頼する。

 

自分での外構業者の探し方の3つ目は「家族や友人などが実際に依頼した外構業者を教えてもらって見積もりを依頼する。」です。

 

この記事の1番最初の結論で、私が外構業者の探し方を全部やってみた結果【ハウスメーカーや工務店に紹介された外構業者+外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3~4社の見積もりを取って比較する】という方法が1番おすすめできる。と書きましたが、

 

家族や友人や会社の同僚の中に、

 

  • 家族や友人に数年以内に、注文住宅を建てた人がいる。
  • その家族や友人がその外構業者の仕事ぶりや、費用面に満足している。

 

こういった家族や友人がいるなら、この方法が実際は1番ベストだと思います。

 

私の場合は、家族や友人に3人程、注文住宅を数年以内に立てた人がいましたが、全員に聞いたら、費用があまり安くなかったとかあまり良い対応では無かったからやめた方がいいかも。

 

といった感じで、私はこの方法が使えなかったので【外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3~4社の見積もりを取って比較する】と言うのが私にとってはベストな方法になりました。

 

「家族や友人などが実際に依頼した外構業者を教えてもらって見積もりを依頼する」この方法が使える人なら、なぜこの方法が良いのかと言うと、下記の理由からです。

 

  • 家族や友人の実際に施行された外構の現場を見て、それがいくらで行われたのかなど実際のリアルな声を聞ける。
  • 家族や友人が、その外構業者をハウスメーカーや工務店から紹介されて依頼していた場合、ハウスメーカーや工務店の中間マージンが上乗せされているが、あなたはその外構業者の名前だけ聞いて、ホームページをインターネットで探して直接見積もり依頼をすれば、中間マージンなどの余計な費用もカットして依頼する事が出来る。

 

実際にその家族や友人の外構を実際に見れれば実物を見た方が良いですが、実際に見に行くのが無理でも、画像や動画をとって来てもらって見せてもらうなどでも良いと思います。

 

もちろんこの方法は自分の家族や友人や会社の同僚など、親しい人の中に数年以内に注文住宅を建てた人がいないと出来ませんし、そういう人がいたとしてもその本人達が、自分達の外構の施行具合や金額に満足していておすすめしてくれる場合に限ります。

 

「俺は〇〇という外構業者で3年前に外構工事したけど外構費用安くなかったし、工事も丁寧では無かったかな」といった場合だと、この方法が使えませんので、そういった場合は【外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3~4社の見積もりを取って比較する】この方法がベストだと断言しておきます。

 

3.外構業者の探し方③ハウスメーカーに紹介された業者+外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3社の見積もりを取って比較。

ハウスメーカーや工務店に紹介された外構業者+外構業者無料紹介サービスを利用して、最低3~4社の見積もりを取って比較する。

 

  • 家族や友人に数年以内に、注文住宅を建てた人がいる。
  • その家族や友人がその外構業者の仕事ぶりや、費用面に満足している。

 

こういった条件に当てはまる人は、先ほど紹介した「家族や友人などが実際に依頼した外構業者を教えてもらって見積もりを依頼する。」この方法がベストです。

 

ですが、私のように上記の条件に当てはまらない人にはこれから紹介する【ハウスメーカーに紹介された業者+外構業者無料紹介サービスを利用して最低3社の見積もりを取って比較】この方法が最もコスパが良いです。

 

外構業者の探し方③のメリット

外構業者の探し方③のメリット

 

  • 外構業者無料紹介サービスの運営側で、外構業者を審査してくれているので、自分で探してきた業者より、優良業者である確率が高い。
    ※厳密には外構業者無料紹介サービスも複数あるのでどのサービスを使うかにもよりますが、私は7つほど利用したのでその中で1番良かった外構業者無料紹介サービスを教えます。
  • 外構業者を探す時間をかなり短縮できる。
  • 大手のサイトに隠れて、ネット上で上位に表示されていない。中堅以下の優良外構業者を紹介してもらえる。

 

自分でインターネットで探すと何もふるいに掛けられていない外構業者の中から、手探りで自分で優良業者を1から選別していかなければいけないです。

 

私の場合は、インターネットで自分で探して連絡を入れて何度もやりとりをした結果、5社中1社だけが良い業者で、後の4社は対応の仕方や連絡が無かったり、遅すぎたり、外構以前に人間的に任せられそうな外構業者が少なく話になりませんでした。

 

その結果、自分で探すの大変過ぎだし、5社とやりとりして優良業者がやっと1社見つかったって事は、単純計算で、あと2社の優良業者を見つけて、
見積もりを作ってもらって比較するにはさらに10社ほどインターネットで探した外構業者とやりとりしないといけないの?だったら無理(;´Д`)

 

となったので、そこで【外構業者無料紹介サービス】を利用したら「最初から"外構業者紹介サービス"使えば良かった...」とめっちゃ後悔しました。

 

私が紹介を利用した中で1番良かったのは【タウンライフリフォーム】というサービスだったのですが2~3分で紹介してもらえて、しかも全部良い外構業者。

 

管理人まみー
今まで、自分で頑張って外構業者探してきた時間は何?とまじで馬鹿らしくなりましたね。あまり良くない外構業者を審査で選別してくれているというのはこんなに違うんだと認識しました。

 

✔大手サイトに隠れて、ネット上で上位に表示されていない。中堅以下の優良外構業者を紹介してもらえる。

 

自分で探したとしても、大手の外構業者に依頼する場合、ハウスメーカーの30%程は高くないにしても、10~20%程のマージン取り、そのまま下請けの外構業者に仕事を回す場合もざらにあるようなので、

 

どこが1番安くて、コスパが良い可能性が高いかと言うと、直接自分の会社で工事を施行する、中間マージンがない、中堅以下の優良業者や個人の職人がコスパが高い事が多いようです。

 

しかし、ホームページがそもそも無いとかまたは、大手のサイトに隠れてしまいサイトが上位に表示されていないよう中堅以下の優良業者や個人の職人は、知り合いでもない限り、自分で探すことが難しいのですが【外構業者無料紹介サービス】を利用すれば見つかります。

 

中堅以下の外構業者や個人の職人などはどうしてもサイトを作って上位表示させる事が難しいので、そういったサイトに登録してお客さんを紹介してもらう事も多いようです。

 

外構業者の探し方③のデメリット

外構業者の探し方③のデメリット

 

  • 【外構業者無料紹介サービス】も、紹介料はかかる。

 

実際に【外構業者無料紹介サービス】も中堅以下の外構業者や個人の職人から紹介料を取るので、その紹介料が私達の見積もりに上乗せされますが紹介料の高いところでも6~8%前後です。

 

私が1番おすすめする【タウンライフリフォーム】に限っては中堅以下の外構業者や個人の職人が【タウンライフリフォーム】に支払う紹介料は8000円だけです。

 

  • ハウスメーカーから外構業者を紹介されると30%前後の中間マージンがかかる。
  • 自分で探しても、ネットで上位検索されているような大きな外構業者に頼むと、それをさらに下請け業者に回すので結局、10~20%ほどの中間マージンがかかる。しかも探すのに時間がかかり大変。

 

に比べると、

 

優良な外構業者を2~3分で紹介してもらえるなら、見積もりに8000上乗せされるかも知れないけど、自分でめっちゃ時間をかけて外構業者を1から探すより断然コスパが良いと思います。

 

※【タウンライフリフォーム】を利用するのは完全に無料です。

 

一番は職人に頼むのが一番安いです。
カーポートなどは工事費が1台辺り35000円が全国平均ですが
職人に支払われるお金は20000円前後
15000円は販売店の儲けです。

引用:ヤフー知恵袋より

私も北側玄関で60坪前後の土地です。
植栽は基本自分でやりましたが(アドバイスは業者さんからいただきましたが)、外構工事は200万円ちょっとというところでした。

住宅営業さんから直接専門業者さんに依頼した方が同じ工事でも安くできると、
アドバイスをいただき自分で探しました。
でも、自分で探すのって結構苦労するんですよね。(私はそうでした。)

たまたま見つけた外構業者探しの手伝いをしてくれるサイトを使って見たのですが、
安かったし、私にとっては内容が良く、私はそこの外構業者に決めましたが、

だからといって、地元業者だから良い。ハウスメーカーだから良いというのではなく、
最低でも3社ほど相見積もりをして、値段だけではなく、センス、提案力、サービス内容を比較することをお勧めします。
(安くできれば良いというものでもないでしょうし、かといって割高でも、予算が限られているのであれば妥協しなくてはいけない箇所もでてくる可能性がありますからね。)

業者探しは少し手間ですが、そこをめんどくさがると何十万と損する事もあるので、
色々な方法で探してみると、後々、後悔しないと思いますよ。

引用:ヤフー知恵袋より

価格的な事なら、職人のような方に頼むと安いです。
施工内容は人によりますから解りません。
例え大手のハウスメーカーに依頼してもどの程度の職人が来るか解りません。

少しでも安くと思うなら展示場などを構えてない業者の方が安いです。
見積もり書に諸経費が計上されるようでは安くはありません。
エクステリアの資材関係は定価の30%~が販売店の仕入れ価格です。

引用:ヤフー知恵袋より

あなたの近隣市町村のエクステリア業者の数社に見積もりを依頼すると良いでしょう。
1社のみですと予算の良否は分かりにくいと思われますので。

ちょうど、家の新築時に業者選びをされたのと全く同じと考えれば良いと思います。
1社だけだと、前述の通り、見積もりの予算の良否も分かりにくく、結果、追加の発生も多く、言いなりの予算になりやすく、計画資金の予算オーバーが発生しやすいものです。

私の場合は、当時、注文住宅の事もいっぱいまだ決めなくてはいけないのに、
外構の業者探しをさらにやるなんて無理!ってなってしまい、
めんどくさがって1社だけにお願いして失敗したので...

私の姉夫婦は何社かプランなどを出してもらい、同じようなプラン内容で、
40万も安くなったので、家具家電はそのお金で全て買ったと聞いたので、
その時はかなり後悔しましたね。

引用:ヤフー知恵袋より

ご参考までに。
私の場合は、土地約66坪・セミクローズド外構で、カーポート2台分、3面フェンスその他もろもろ・・・で200万強ででした。ハウスメーカーに依頼せず外構の専門会社に依頼しました。

見積内容が全く同じではないのでざっくりになりますが、価格的には3割ほど安くなった感じです。

高いか?安いか?を判断するには、ご質問者さんの価値観によっても左右されますので、やはり他の方もおっしゃられている通り、何社か外構工事を専門にしている会社へ見積もりを取る事がよろしいかと思います。商談をする中できっとご質問者さんの要望に応えてくれる信頼できる会社が見つかると思います。

ちなみに私の場合は、ハウスメーカーからの紹介の会社以外に、
「タウンライフリフォーム」というサービスで紹介してもらった2社に、
見積もりを取りましたが、同じ外構でもデザインは各社様々、値段も様々です。

結果的には冒頭にも書いたように、
ハウスメーカーに依頼せず、3割ぐらい安くなった紹介された専門会社に依頼しました。

ただ、外構工事は安さだけではなく、まずは信頼できる業者さんを探す事が大事になってくると思いますので、安さだけに固執せずにその辺を注意しながら業者さんを探されると良いかと思います。
そうする事で結果的に満足出来る外構工事になると思います。

マイホームはどうしても建物ばかりに気がいってしまいますが、外構はマイホームの印象を決める大切な買い物です。後悔しないようにじっくり検討して満足出来る外構にして下さいね。

引用:ヤフー知恵袋より

できれば、外構工事は地元の良心的な業者さんがいいと思います。
見積もりを何件かに出して頂き、まずは、予定の工事の相場を知ることですね。

自分は生コンの配達の仕事をしていますが、母屋と外構を別の業者さんに頼まれる方は多いですよ。

引用:教えて!住まいの先生より

✔【外構業者無料紹介サービス】にはどんなのがある?

【外構業者無料紹介サービス】はどんなのがある?

 

私が利用した【外構業者無料紹介サービス】を3つほど紹介しておくので参考にして下さい。
リフォームという名前が付いてますが、新築の外構、エクステリア業者の紹介も行っています。

 

 

管理人まみー
上記は全て無料です。どれを使えばいいか迷うならタウンライフリフォームを使えばまず失敗しないと思います。

 

紹介してもらった優良業者の中で、対応の仕方や、プラン、見積りなどを参考にあなたが1番良いと思える外構業者と契約して下さい。

 

「安くしたいけど、業者探すのはめんどいくさいな」と思ってしまう私と同じような人は何社か見積りを取って、コスパの良い業者を見つけたら例えば30万ぐらいお金が余るとして「その30万を何に使えるかな?冷蔵庫?エアコン?テレビ?カーペットなどの購入費が無料になる]とか想像して見るといいです。

 

外構工事費用を安くするのは、今しか出来ないことなので。

 

まとめ

 

注文住宅でハウスメーカーから紹介された外構業者以外にも見積もりを取りたいのですが、外構、エクステリア業者の探し方って皆さんどうしてますか?外構関係の知り合いがいないし値段の相場も分からないです。なるべく時間を掛けず、少しでも安くできる優良業者を探したいです。

 

こういった疑問に答えました。

 

管理人まみー
まだ相見積もりしていない人は、外構業者を探して、見積もりを依頼して、話し合いをするなど3社ほど行っていると2〜3ヶ月ほどかかるので、現時点で新築完成まで2〜3ヶ月しかない方は早急に3社ほど外構業者を探して見積もりを依頼しておくと良いです。

 

私が利用した7つ外構業者紹介サービスを体験談などを比較しながらランキング形式で紹介!

>>外構の一括見積もり7サイトを徹底比較してランキング【無料のみ】

ハウスメーカー以外の外構業者に見積もりを依頼するタイミングの解説記事

>>ハウスメーカーとは別の外構業者に見積もりを依頼するベストタイミングはいつ?【新築】

外構業者のどういうところを見て選べば良いのか?を詳しく解説!

>>【体験者が語る】外構工事業者の選び方で犯してはいけない4つの間違いとは?

ホームセンターでの外構工事のデメリット、費用、口コミまで解説!

>>ホームセンターに新築外構工事の依頼はどう?口コミや評判も紹介!

Follow me!

  • この記事を書いた人

akihito

外構、リフォーム評論家。注文住宅を建てたことをきっかけに外構、不動産、リフォームなどに興味を持つ▶︎エクステリアプランナー資格取得▶︎毎日、住宅〜外構、エクステリア、リフォームに関する知識を勉強中▶︎mamiblogの運営開始(開始1年半でブログ収益6桁達成!)▶︎仕事しながらマイホームで妻と2人で暮らしてます。

■保有資格
・エクステリアプランナー2級
・ITパスポート(国家資格)
・デジタルマーケティング基礎認定
・マイクロソフトオフィススペシャリストExcel(MOS)
・フォークリフト免許

■趣味
・読書(年間100〜150冊)
・映画観賞(年間100〜150本)
・カラオケ
・海外旅行
・ボーリング

© 2021 外構、エクステリア情報.com Powered by AFFINGER5